1月 052011
 

昨年末で松江城内にあった郷土資料館(興雲閣)が閉館した。
市内でも残り少ない明治の洋風建築に、写真パネルやジオラマが展示されていた。
空襲による被害がなかったため、古い町並みが比較的残ってる松江だが、
写真でみると、大火と洪水、災害との闘いの歴史だったことがわかる。
(どこの都市でもそうだったのだろうけど)
1985年の「ホーランエンヤ」の写真では、松江大橋から宍道湖にかけて、
今ではもう見かけない企業の看板がたくさん立ち並んでいた。
諸事情で看板を撤去した企業もあるのだろうが、
景観保護のため、少しずつ減らしていった結果でもあるのだろう。
25年前の写真の方が「現代的」で、
看板を無くした今の松江の方が、「江戸」っぽいのかも。
にぎやかではなくなったけど、逆戻り、不思議な感じだ。

 Posted by at 11:37 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください