reizaru

10月 042022
 

 高山の朝市のあちこちで芋づるを売っている。
 サツマイモの葉と「つる」の間の葉柄の部分だ。
 先端側から筋をとるのが普通だが、「この品種はやわらかいからとらなくていいよ」といわれた。
 ネットのレシピではだし汁でにこむが、だし汁は手元にないからコンブと醤油をつかった。
(芋ツルはキンピラにしてもおいしいらしい)

▽材料 (3人分)
・芋つる 300g(たっぷり一束)
・油揚げ 1枚
・昆布細切り 5センチ角
・サラダ油 大さじ1
・水 200ccc
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ1

▽作り方
①芋つるは5センチにカットし、水に30分ひたしあく抜き。
②水200㏄に昆布の細切りを入れておく。
③油揚げを1㎝幅にカット。
④フライパンにサラダ油を入れ、芋ツルがしんなりするまで炒める。
⑤昆布入りの水と、砂糖医と醤油をいれて水分が少なくなるまで煮込む。

10月 042022
 

 朝市の万願寺とうがらしが安くておいしいものだから、今度はじゃがいもとバター炒めに。肉厚だから肉と炒めても負けない。

▽材料(2食分)
•万願寺とうがらし10本
•ジャガイモ  中2個
(・今回は牛肉200gもくわえた)
•バター 5〜 10g
•塩、黒コショウ 各適量

▽作り方
①万願寺唐辛子は斜め切り、ジャガイモは皮を剥いて半月切り。
②ジャガイモはレンジで3分ほど加熱。
③フライパンにバターを入れて肉を炒め、いろがかわったら、万願寺とじゃがいもをいれ、塩とコショウで味を整える。

10月 042022
 

 高山の朝市で買った肉厚の万願寺とうがらし。12本で100円!
 味が濃くて美味しい。
▽材料
・絹豆腐 1丁
・万願寺とうがらし 10本
・ごま 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ1
・塩 ひとつまみ

▽作り方
①万願寺とうがらしは沸騰した湯でさっとゆで、さまし、へたの部分を取って小口切り。
②ボウルに万願寺とうがらし、砂糖、醤油を入れて混ぜる。豆腐を手で崩して加え、塩で味をととのえ、ごまをまぜたらできあがり。

9月 242022
 

キャベツのかわりにセロリをつかう。
▽材料 (2食分)
・小麦粉 100g
・セロリ 1-2本
・シーチキン缶詰 1
・卵 1個
・水(あればだし)120ml
・鰹節
・マヨネーズ ソース 適量

▽作り方
①セロリの茎は5mm程度に。葉はあらみじん切り。②ボウルに小麦粉、だし、卵を入れて混ぜ、セロリとシーチキンを加える。③フライパンを熱して中火で3分ほど焼く。フタをすると焦げ付きにくい。生地の色が変わったら裏返してさらに3分ほど焼く。
④鰹節、ソース、マヨネーズをかけて完成。

9月 212022
 

 今回は手羽先で。人参はなくてもよい。

▽材料(2−3人分)
・鶏手羽先肉 8切れ
・ジャガイモ 2個
・キャベツ 3、4枚
・塩 3つまみ
・コショウ 適量
(・いしる 少々)

▽作り方
①鶏肉はフライパンに油をひかずにのせてから点火、中火で皮に焦げ目をつける。
②ジャガイモを半分に切って、1センチの厚さに切り、フライパンに加え、透き通るまで炒める。
③ざく切りキャベツを入れて、ざっと混ぜてからふたをして5~7分蒸し焼きに。
④鶏肉に火が通ったか確認して、塩とコショウをふってできあがり。いしるを入れるとうまみが出る

9月 212022
 

簡単に野菜をたっぷり食べられる。キノコを入れてもおいしい。

▽材料(2−3食分)

・豚肉 200g
・きゅうり 1本
・オクラ 6本
・豆腐 1/2丁
・キャベツ 1/8
・カボチャ 1/8

①豚肉は片栗粉をはたくとツルンとしておしい。塩と酒をちょっとくわえてゆでる。
②オクラは板ずりしてから30秒、薄切りカボチャは1分程度、キャベツは30秒ほどゆでる。
 ゆで汁は残った野菜とともに翌朝のみそ汁に。
③市販のごまドレッシングなどをつけて食べる。

9月 212022
 

いよいよアキアジの季節。北海道のサケが店頭にならびはじめた。
▽材料
・鮭の白子 250g
・酒・しょうゆ 各50cc
・醤油 50cc
・みりん 30cc
・砂糖 大2
・生姜(チューブでも)1かけ
・長ネギ(青いところで可)少々

▽作り方
①鮭の白子は洗って一口大に切る。
②小鍋に酒、醤油、みりん、砂糖を入れて煮立ててから、1を入れる。
③生姜、ネギを少々いれ、5分煮たら完成。

9月 212022
 

ケチャップのかわりにみそをつかえば「ちゃんちゃん焼き」だ。つくってから気づいた。
胸肉の処理はネットを参考に、火の入れ方は鬼レシピから。
片栗粉をたっぷりまぶすと胸肉がしっとりする。ニンニクの風味もきいている。

▽材料(2人分)
•鶏胸肉 1枚
•キャベツ 200g
•しめじ 1袋
A 酒 大さじ1
A 砂糖 小さじ1
A 塩、こしょう 少々
A にんにくすりおろし 1〜2かけ

B マヨネーズ、ケチャップ 各大さじ2
B 酒、砂糖 各小さじ2
B しょうゆ 小さじ1

•片栗粉 大さじ3
•黒胡椒 適量
•オリーブオイル 大さじ1

▽作り方
①胸肉は縦半分に切り、1.5cm幅のそぎ切り。キャベツは手でちぎり、しめじはほぐす。
②ポリ袋に、胸肉とAを入れてよくもむ。片栗粉を入れてまぶす。
③フライパンにオリーブオイルをひき、両面に焼き色をつける。
④キャベツとしめじをいれ、合わせたBを回し入れてざっと混ぜる。
⑤ふたをして3〜5分蒸し焼きにしてざっと混ぜ、水分が多ければ強火で飛ば、黒胡椒をふって完成。

9月 172022
 

 カレーの作り方はふつうなので、胸肉をやわらかくする方法を検索した。
 カレーのルーは通常の2/3。ピーマンやキノコも入れてしゃびしゃびに。

▽材料
・胸肉 1枚
・砂糖 小さじ1
・酒 大さじ1
・生姜(チューブ)3-5cm
・片栗粉 大さじ1.5

▽作り方
①胸肉を一口大の削ぎ切りにして包丁の背で叩く
②胸肉、砂糖、生姜、酒、片栗粉を袋に入れてよくもんで30分ほど放置
③野菜を炒めたあと胸肉を投入して煮こむ。

9月 172022
 

イカゲソと舞茸が格安だったので。イカに火をとおしすぎるとかたくなるので注意。

▽材料(1−2人分)
・スルメイカ 1杯分(200g)
・マイタケ 1パック(100g)
・マヨネーズ 大さじ1.5
・刻みねぎ、一味唐辛子 あれば

A しょう油、みりん、日本酒 各大さじ1
A 砂糖 大さじ1/2

▽作り方
①スルメイカは胴からゲソを抜いて切り身に。目玉や口をとって、ゲソを2本ずつにきりわけてめだつ吸盤を切り落とす
②マイタケは食べやすい大きさに。
③ポリ袋に切り身を入れ、Aを加えて袋をもむ。マイタケを入れて混ぜ、冷蔵庫で2~3時間おく。
④フライパンにマヨネーズを入れ点火、溶けてきたら③を入れて炒める。熱が通ったら皿に盛り。残った煮汁を煮詰め、とろみがついたらかける。

刻みねぎや一味を散らしてもおいしい。