4月 232018
 

0422牛肉ゴボウしぐれ煮

指令書3枚目は、有機栽培のゴボウと冷凍してあった牛肉100グラムを使うメニュー。

材料
・有機のゴボウ1本
・牛肉100グラム
・ショウガ1かけ(おろす)
・酒(大さじ1)、しょうゆ(大2弱)、砂糖(大1/2)

ゴボウは結構大きくて泥だらけ。泥を落とす手間もけっこうかかる。包丁で皮をこそげようかと思って鬼レシピを見ると「ピーラーを使え、こそげるとか、そういう高度なことは考えるな」と、オレのの考えを先読みしている。ピーラーを使うと簡単だけど、削り落とされる部分がもったいないんだよな。
太い部分は縦半分に切って、斜めに2,3ミリの厚さに薄切り。細い部分は丸いまま斜めに薄切り。切ったゴボウは水にさらす。そうすることであくを抜けるようだ。
ちなみにショウガは、ひとかけ分ずつすりおろしてラップにくるんで冷凍してある。毎日料理をする人でないとできない工夫だ。
フライパンにごま油をちょっとだけ敷いて、牛肉を炒め、それからゴボウとショウガを投入する。ゴボウが透き通ったら、味をつける。こげつきそうなら水をちょっとだけ加えてもよい。
味を濃くすれば保存食にもなるが、今回は薄味でたっぷり食べられるようにした。ビールにぴったり。鬼コーチ残り物ごぼう牛肉みぞれ煮20180421

■簡単イモサラダ 20180422

キュウリを薄切りにして、モズクとまぜて1品にするつもりだったが、冷蔵庫にモズクがない。どないしよ? ジャガイモがあるからイモサラダか?
まずは塩をふってもんで、しんなりさせてから水洗いしてしぼる。
ジャガイモはラップをして、裏と表1分間ずつチンする、と聞いた覚えがある。が、2分ではやわらかくなってない。それで合計4分ほどチンした。
皮をむいてつぶして、キュウリとマヨネーズ(大1)とヨーグルト(大2)を入れて混ぜた。本当はハムかシーチキンでも入れればよかったのだけど、思いつかなかった。
味は薄め。火を入れすぎてジャガイモはマッシュポテトのよう。ちょっと物足りないけれど、ま、1品にはなった。

0422イモサラダ

4月 212018
 

GR022064

冷凍庫の厚揚げを使う指令書は、ニラと炒めることになっていたが、スーパーでゴーヤがおいしそうだったから急きょ変更した。
カチカチに氷った厚揚げをどう解凍するかが問題だ。
鬼コーチは「2分ほどチンすれば大丈夫や」と言ったあと「キッチンペーパーにくるんでチンしないと、厚揚げの油が燃えるかもしれないから気を付けろ」と言った。なるほど。耐熱皿の上で、キッチンペーパーにくるんでチンしたら、油を含んだ水がけっこう出てきた。

材料
・ゴーヤ1/2
・シーチキン缶詰(油なし) 1
・厚揚げ
・卵

厚揚げは解凍してから1.5センチほどの厚さに切る。ゴーヤは5ミリほどの薄切り。今回は鬼がいないから種やわたは取り除かなかった。
厚揚げから油が出るから油は加えず、ゴーヤと厚揚げを炒め、ゴーヤに火が通ったらシーチキンを加えて卵でとじる。塩(2つまみ)とコショウ、最後にしょうゆをまわしかけてできあがり。
「塩は1人前1つまみ」と言われたのを思い出し、今回は量が多いから2つまみにしたらぴったりだった。

鬼コーチ残り物厚揚げ20180421

4月 212018
 

GR022066

外出中の鬼コーチから久々の指令書3枚が届いた。今回は冷蔵庫の残り物を使うメニュー3種。初日はうち2種を手がけることに。
まずは細い青ネギ。指令書には刺身を使えと記されているが、スーパーに行くと春の味覚のホタルイカがあったから思わず買ってしまった。

材料
・青ネギ
・ホタルイカ
・みそ(大1) ・酢(大1) ・砂糖(小1) ・ねりがらし(小1/3)

冷蔵庫を開けて青ネギを取り出すと、細いとはいえ4本もある。ちょっと多すぎないか? そうメールを送ると「大丈夫や。全部使え」とのこと。
根元を落として、3,4センチの長さにカット。フライパンに熱湯をそそぎ、根っこ部分からネギを投入。グツグツしてきたら火を止める、と記憶していたが、根っこ部分を食べるとまだ堅い。葉の部分だけ先にあげて、根っこはあと20秒ほどグツグツ火を通した。水にさらしてからギュッとしぼる。
あえごろもは、別の容器でミソと酢と砂糖とねりがらしを混ぜるだけだが、ねりがらしを入れ忘れた。
ネギとホタルイカとあえごろもをまぜたらできあがり。
ぎゅっとしぼったらネギは小さくなるから、ちょうどよい量だった。さすが鬼子!

鬼コーチ残り物ヌタ20180421

4月 212018
 

0411イワシフライ

めでたくもなんともないけど、誕生日。
夕食は大好物のイワシのフライ。
ビーフシチューとかも食べたいけど、イワシのフライやアジの南蛮漬けは御馳走感が抜群だ。

0411イワシフライ-4

4月 102018
 

0408チラシ

ひな祭りのときに準備していながら、事情があってつくれなかったちらし寿司を1カ月後につくった。京阪の通販で取り寄せた有機レンコンがおいしい。

0408チラシ-3

それに、豚肉と大根の煮物。

0408ダイコン豚肉

それとタマネギサラダ。

0408タマネギサラダ

Nさんはスペイン風オムレツを持ってきてくれた。

0408スペイン風オムレツ-2

GR022050-2

4月 102018
 

0407鰈と赤米-6

鰈の煮付け。

0407南蛮漬け

アジの南蛮漬け。手間がかかるから、これをつくってもらったときは、何でもいうことを聞かなければならない。

0407鰈と赤米-10

和歌山でいただいた赤米をまぜてごはんを炊いた。

0407鰈と赤米-8

埼玉・秩父の酒が売っていた。
搾りたてで、味がしっかりしていて想像以上においしかった。

0407秩父錦

0407秩父錦-2

4月 022018
 

0329スズキソテー-4

 「白ワインを買ってきて」と鬼コーチが言うから、なんかごちそうをつくっているな、と期待して帰ると、期待通りの大ごちそう。
 ぶあついスズキを小麦粉をはたいてオリーブオイルで焼いてるソテー。皮の焦げ目が香ばしい。
 前回つくっておいたトマトソースをかけた。

0329スズキソテー-5

 付け合わせはイモサラダ。ジャガイモをラップして電子レンジに入れ、表2分、裏30秒ほどチンして皮をむき、つぶす。
キャベツとキュウリとカニカマをマヨネーズ(大さじ1)とヨーグルト(大さじ2)であえただけ。
 おいしい。