7月 032020
 

「高野豆腐は水にもどしたり、だしを取ったりと手間がかかる。お前には無理やからこれを使え」と手渡されたのは、だしつきの高野豆腐だった。袋の裏に調理法も書いてある。
▽材料
・だしつきの高野豆腐
・カボチャ 1/4個
・水 300㏄
▽作り方
①カボチャは薄めに切る。
②規定量のだしの粉と水をフライパンに入れて、そこで高野豆腐とカボチャを煮込むだけ。10分ほどで水分がほぼなくなって完成した。

 Posted by at 2:33 午後
7月 012020
 

 2018年8月末に教わったメニュー。
 以前はタマネギを繊維と直角に切って涙がボロボロこぼれたが、繊維と平行に切れば薄く切れるし、汁が飛ばないから涙も出てこない。
 言われてみればあたりまえだけど、言われないと気づかなかった。

▽材料(2人分)
・カボチャ 1/4個
・玉ねぎ大 1/4個
・レーズン 30グラム(チーズやクルミでも可)
・マヨネーズ 大さじ2
・ヨーグルト 大さじ3
・塩 1つまみ程度
・コショウ 少々

▽作り方
①カボチャは種をとりのぞいて、皮ごと適当な大きさに切る。耐熱皿にのせて700ワットで5分ほどチンしてからつぶす。
②玉ねぎは繊維に沿って薄切り。耐熱皿で1分間チン。
(5月ごろまで繊維と直角に切っていたから涙が止まらなくなってたけど、繊維に沿ってなら薄く切れるし、汁も飛ばないんだな)
③さめたら①と②とマヨネーズ、ヨーグルト、レーズンを混ぜ、塩とコショウをふる。酸味が足りなければワインビネガーやレモン汁を加えてもよい。

 Posted by at 10:16 午前
6月 252020
 

 豆苗1株ってけっこう大きい。それにモヤシ2/3袋か。
 多すぎちゃうか、と思った。
 ゆでてもけっこうなボリュームがある。
 でも、ポン酢やごまだれをかけて、ビールと焼酎のあてにしていたら、いつのまにか2人分食いつくしていた。

▽材料(2人分)
・豚肉 200グラム
・豆苗 1株
・もやし 2/3袋

▽作り方
①中型フライパンで、豆苗ともやしと豚肉をゆでる。
②水で冷やして、ゴマダレやポン酢をかけるだけ。
 小松菜を入れてもよい。
 タマネギ半分を薄く切って添えると変化が出る。
「何でもすべて使おうとするとちょっと多すぎちゃうぞ」

 Posted by at 12:22 午前
6月 252020
 

 夏大根はガジゴジしてかたい。
 100グラム98円の豚肉と炒め煮に。
 簡単だけど、焼酎のつまみにも、ごはんのおかずにもなる。

▽材料(1〜2人分)
・豚細切れ肉 だしがわりだから50グラム程度
・ダイコン 6センチ
☆酒 大さじ1
☆ミリン 大さじ1/2
☆しょうゆ 大さじ1
☆水 100㏄弱

▽作り方
①大根は厚さ1センチぐらいに銀杏切り。
②小さなフライパンで材料を炒めて火が通ったら、☆を加えて炒め煮にする。水分が飛んだらできあがり。

 Posted by at 12:15 午前
6月 232020
 

▽材料
・鶏胸肉 1枚
・塩こうじ 大さじ1
<以下はソース>
・ パクチー 25g(1把) 
・ オリーブ油 大さじ2
・塩 1つまみ
・いしる(しょうゆやナンプラーでも可) 小さじ2
・ニンニクすりおろし 1かけ
・赤とうがらし 1本

▽作り方
①前もって胸肉を塩こうじをまぶしておく。
②鍋でたっぷり湯をわかして鶏肉を入れ、ふたたび沸騰したら火を止めて、冷めるまで放置。
③パクチーを刻み、塩とオリーブ油、いしる、ニンニク、輪切りにしたタカノツメを混ぜあわせる。
(塩とオリーブ油、粉チーズの組み合わせでも可)
④肉をひと口大に切って、上に③をのせたらできあがり。

 パクチーのさわやかさとニンニクのパンチが効いて鶏肉だけではなく、冷や奴や魚のソテーにもあいそう。ワインを飲みたくなる。
 ソースは冷蔵庫で1週間保存可。

 Posted by at 8:49 午後
6月 232020
 

 これまた簡単メニュー。
 冷蔵庫に青のりがなかったから、ふつうの海苔を砕いて入れた。

▽材料
・レンコン 1節
・ごま油 大さじ1
・青のり
・塩 1つまみ強

▽作り方
①レンコンを薄く切り、ごま油で炒め。
②半透明になったら、塩と青のりをかけてザッと混ぜて火をとめる。

「言っとくけどコショウはなしやで。なんでも塩とコショウがセットだと思ったらあかん。料理はマイナスや」「メインの料理にするなら、バラ肉使えばいいんや」と言われたのは、亡くなる29日前のことでした。

 Posted by at 8:30 午後
6月 222020
 

 本日は簡単なつまみばかり3品。これだけあれば夕飯も十分だろう。
 でもけっこう時間がかかったな。


■大根とツナのサラダ
▽材料(2人分)
・大根 15センチ
・ツナ缶 1缶
・塩 小さじ1
・マヨネーズとヨーグルト 各大さじ1
・コショウ
▽作り方
①大根は皮をむいて細切りに。塩をまぶしてしばらくおいて、水分をギュッとしぼる。
②マヨネーズとヨーグルト、ツナ缶を加えて混ぜてコショウをふる。

■シシトウとジャコ炒め
▽材料(1〜2人分)
・シシトウ 10本前後
・ジャコ 大さじ2
・ごま油 大さじ1
☆酒 大さじ2
☆みりん 大さじ1
☆しょうゆ 大さじ1/2
▽作り方
①シシトウを2センチほどの長さに切って、ごま油で炒める。
 しんなりしたらジャコを加える。
②☆を加えて、水分がなくなるまで炒める。
 ジャコの塩があるから、しょうゆは少なめでよい。

■キュウリとジャコとワカメの酢の物
▽材料
・キュウリ 1本
・乾燥わかめ 5グラム程度
・甘酢調味料(「いろいろ使えるカンタン酢」など) 大さじ2
▽作り方
①乾燥わかめは水でもどし、食べやすい大きさに切る。
②キュウリは薄切りにする。
③キュウリにジャコを入れて、甘酢の調味料を加えて混ぜ、冷蔵庫でしばらく置いたらできあがり。

 Posted by at 4:10 午後
6月 202020
 

 豆乳があまって困ったとき、「ゼリーでええやん。デザート作れたらすごいやろ」と教えられたのが豆乳ゼリー。鬼レシピ唯一のデザート。きわめて簡単。
「オレ、ゼリーより寒天の方が好きなんだけど」と言うと、「洗い物が多くなるから、段取りが悪いやつはやめとけ」と言われた。
 以前は冷蔵庫に何種類かのジャムを常備してあったが、今はなにもない。豆腐屋さんの豆乳が濃厚だから、蜂蜜だけで十分だけど。
(ちなみに今回は冷蔵庫に寒天のもとしかなかったから写真は「豆乳寒天」)

▽材料
・豆乳 200㏄
・ゼライス 1袋
・熱湯50〜100㏄

▽作り方
①ジップロックの容器にゼライスを入れ、熱湯を注いで溶かす。
②透明になったら、豆乳を入れて冷蔵庫でかためるだけ。
「ゼライス1袋で計300ミリリットルは固まるぞ」とのことでした。

 Posted by at 6:54 午後
6月 202020
 

▽材料(2~3人分)
・小松菜  2/3把
・木綿豆腐 1/2丁(150グラム)
・塩 小さじ1
・すりごま 大1
・砂糖 小2
・醤油 小2

▽作り方
①豆腐をざるに置き、水を入れた小やかんなどを重しにして30分ほど水抜き。キッチンペーパーで軽くしぼる。
②小松菜は3センチに切る。
③小型フライパンで沸騰した湯に塩を入れ、小松菜の茎部分から茹でる。1分後に葉も加える。水にさらしてしぼり、キッチンペーパーで水気をとる。
④ボウルですべての材料を混ぜたらできあがり。

 ホウレンソウやブロッコリーでもおいしい。

 Posted by at 3:19 午後
6月 192020
 

 ズッキーニが安くなってきた。一番初期に教えてもらったお好み焼き。
 チーズを増やせばもっとしっかりとした味になるかも。

▽材料(2枚分)
・ズッキーニ中 1本
・卵 1個
・とろけるチーズ 1/2カップ
・小麦粉 1/2カップ強
・水 1/2カップ
・塩 1つまみ
・コショウ 少々
・ケチャップ

▽作り方
①卵1個を水でとき、小麦粉をタラッとするぐらいのかたさまで入れて、塩とこしょうを加える。
②ズッキーニは斜めに切ってから千切りに。①に入れて、チーズを加えて混ぜる。
③油をひいたフライパンで拳ほどのサイズの生地を落とし、ふたをして弱火で7分焼き、裏面も4分ほど焼けばできあがり。
​ 少量のケチャップで食べる。

 Posted by at 4:13 午後