2月 202017
 

GR011443

砂糖の原料になるというビーツをレンチン後、フレンチドレッシングであえる。
タルタルソースをそえたサラダ。

GR011444

鶏肉と白菜のトマトソース煮。トマトソースは地元の作業所のもの。

GR011447

GR011448

翌日はコンビニサラダにトッピング。
なんかこっちのほうが見栄えもいいなぁ…。
GR011449

2月 192017
 

GR011432

豚肉と白菜、春雨の重ね蒸し。イシル、塩、コショーの味付けで、
ちょっとエスニックに。

GR011434

ゆでたキャベツを酢醤油、砂糖、ごま油であえた。

GR011437

冬の長ネギのごはん。米2合でネギ4本。風邪予防になるかなぁ?

GR011438

シャチ豆。ゆでる前は白と黒のツートーンで、「シャチ」みたいで、
あまりおいしそうに見えなかったけど、ゆでると金時豆みたいでかわいい。
スープジャーで戻せば、前の日から水につけなくても大丈夫。

GR011440

2月 192017
 

兄妹で顔を見合わせてはケンカばかり。
落ち着くどころか、口が達者になるぶん、年々エスカレート。
「あんたたち相性悪いんだから、物理的に離れていなさい!」
母ちゃんもお手上げの様子。
居眠りから覚めた父ちゃんが
「よし!じゃあかかって来い!」と起き上がると、
「やー!!」「えーい!」
父ちゃんを標的に兄妹仲良く攻撃していた。
共通の敵を作って結びつく…って、チビも国家も一緒やな。
争いは周りを巻き込み無駄に疲れるだけ。
せめて兄妹、外交努力はできまいか。(おわり)

2月 192017
 


ばあちゃんが正月用に用意したイチゴを貪り食う。
「イチゴ好きだねえ〜」。食べっぷりに感心していると、
「サナエは120%!(イチゴが好き)」と立ち上がれば、
「オレ、100億%!!」負けじとU太郎。
21世紀になっても男子はアホだ。(つづく

2月 172017
 

スズキ鍋

由良町のスズキ。身はしこしこ、皮はこりこり。
淡水のスズキと比べて脂がのって、別物のよう。

スズキ鍋-4

産直「よってって」で買ってきた。
「まいど!」と声をかけられるほど、もはや常連。(カモ?)
輪島で鍛えたフィッシュ・リテラシー。
売り場で魚を見るときの目つきは、
「タダモノではない感」が漂っていることだろう。

GR011427
秋津のカフェで買ったチーズケーキ。
地元のお母さんたちの手作り。
シュークリームは食いしん坊の母キョーコが絶賛するほど。

2月 172017
 


日米首脳会談のチンゾウの黄色いネクタイがシュミ悪いなぁ
…と思ってたら、金ピカ好きの大統領の好みに合わせたんだって。
前回のお土産が「金のゴルフクラブ」、今回は「金の書類箱」と「金のボールペン」だそう。
どうせなら金のシャワーヘッドをプレゼントすればよかったのに…。
ゴルフよりも吉凶ハッキリするぜ!

2月 162017
 

GR011329

ソバ打ちは今年3回目。ゆであがりの時に
ザルを使うことで麵の千切れをやや防ぐ…が、やっぱり「ソドン」。

GR011334

白浜やまもとの豆腐できのこあんかけ

GR011337

串本のカツオ。もうすぐモチになる。
是枝監督の「そして父になる」みたいな響き。(違うか)

GR011340

料理をがんばったのは、酒を飲むため。

石川県の常きげんの純米吟醸「風神」

GR011344

「常きげん」らしい山廃にくらべると味は薄いけど、きれいで飲みやすい味。

GR011345

2月 152017
 

怖い順に「幽霊」「おばけ」「妖怪」…だそう。
「怖がりのわりにスキだね?」と聞くと、
「興味がある!」とキッパリ。
登山家に登山の理由を尋ねてしまった気分。
真っ暗な4畳半に布団をかぶって隠れていると
「おじちゃん、どこぉ〜?」と探しまわっているが、
怖くて部屋には入ってこられない。

「U太郎、たすけてぇー!」と叫び、
近づいてきたところを「ビェー!」と金切り声を上げると、
「でたー!」すっ飛んで逃げて行った。

居間で息を切らすU太郎とサナエに、
シレッとトイレから出てきたふりをして、
「ずっとトイレにいたよ? ほら、お尻臭いぞ。臭ってみ?」
すっとぼけると、
「臭くない!」とはねつけるが、そのうち信じた。
ちなみにクリスマスはサンタさんが
ゲームソフトを贈ってくれたと信じている。(つづく

2月 152017
 

「幽霊ごっこしよう!」というので、
「じゃあU太郎ひとりでオバケやれよ」とおじちゃん。
自分で言っておきながらいきなり不意討ちをくらっている。
「ヤダ!、2人組でやろうぜ。男同士、女同士!」
「じゃあ、おじちゃんとおばちゃん。U太郎とサナエ、な?」
「オトナ同士はダメ!」
「こわいんか?」顔を覗き込むと、こくん。
夕食後、さすがに疲れが出た。
「U太郎が幽霊、幽霊って言いすぎたせいで、なんか憑いた。気分が悪い」と横になっていると、
「おれも、なんかちょっと肩のあたりが…」と肩をおさえて顔をしかめる。
トイレに行きたくなると、
「誰かいっしょにトイレきてもいいぜ!」
上から目線で強がっても、バレバレだから…。(つづく