10月 152011
 


松江では「モロッコいんげん」のことを「ワレット」と呼ぶ。
明治の始め、松江藩兵の軍事教練に来ていたフランス人、フレデリック=ワレットが松江に伝えたことが由来だそう。
ってことは、ワレットさんたちフランス人は、モロッコから種を持ち帰ったのだろうか。
フランス帝国による植民地支配の歴史が、こんなところに息づいていようとは!

 Posted by at 12:00 午前

Sorry, the comment form is closed at this time.