reizaru

1月 312021
 

 キャベツをは縮むから、これでもか、というくらいたっぷり入れた方がよい。
▽材料
・キャベツ 1/4
・タラ切り身 2切れ
・ベーコン 2枚
・水 1/4カップ
・オリーブオイル 大さじ1

▽作り方
①タラはビニール袋で塩麹 大さじ1 にまぶしておく。
②キャベツはざく切り。
③ 大きめのフライぱに②を入れ、その上にベーコンとタラをのせ、水とオリーブオイルを加え、蓋をして中〜強火で10分弱蒸し煮に。
④タラに火が通ったら火を止め、ふたをしたまま5分ほどなじませる。
食べるときにコショウをかける。

1月 312021
 

白菜とほうれん草でなにかできるかなぁと、ネットでさがして見つけた簡単料理。ゆでるかわりにレンジで2分間チンしてもよいらしい。
▽材料(2人分)
・白菜 2枚
・ほうれん草 2/3把
A めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2
A 白すりごま大さじ1
A おろししょうが 1かけ分
▽作り方
①白菜は細切り。ほうれん草は食べやすい大きさに切る。
②沸騰した湯に①を入れて、再び沸騰してきたら火を止めて水にさらし、水気をしぼる。
③Aと野菜を混ぜたらできあがり。

1月 242021
 

 豚肉と大根でなにかつくれないかなあ、とネットで見つけた。めんつゆを使うから味は単調だけど、超簡単。
▽材料(2人分)
・豚バラ薄切り肉 150グラム
・大根 250グラム
A 水 1カップ
A めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ3
A しょうがチューブ 1~2センチ
・ごま油 小さじ1

▽作り方
①豚肉は食べやすい大きさに切る。大根は皮をむき、3~4mm厚さのイチョウ切り。
②フライパンにごま油を中火で熱し、豚肉を炒める。
③豚肉の色がほぼ変わったら、大根を加えて2~3分炒める。
④大根のふちが透き通ってきたらAを加える。沸騰したら蓋をして、そのまま10分煮る。
⑤蓋をとり、サッと炒め合わせたらできあがり。
 一度冷まして温め直すとさらにおいしくなる。

1月 232021
 

 鬼レシピのナムルにレンコン薄切りをくわえた。本来のナムルはごま油と塩でしっかり味をつけるが、酢を加えることで塩分とごま油を減らしたそうだ。
▽材料(2人分)
・ほうれん草 1把
・もやし 1袋
・にんじん 3センチ
・れんこん 5センチ
☆すりごま 大さじ2
☆ごま油 大さじ1
☆薄口しょうゆ 大さじ1
☆酢 大さじ1

▽作り方
①にんじんはピーラーで千切り。ほうれん草は根っこを切り落とし3センチの長さに切る。レンコンは薄切り。
②熱湯をわかしたフライパンに材料を入れて、再び沸騰したらあげる。水にさらしてからギュッとしぼる。
③☆と②を混ぜたらできあがり。

1月 172021
 

 肉や魚がないけど、白菜などの野菜はある。簡単に腹にたまるもの……ということでネット検索してクリームパスタに。クリームパスタなんてはじめてだけど、それなりの味になった。白菜って意外にパスタに合うのが驚き。

▽材料 1人分
•パスタ 100g
•白菜 1〜2枚
(•エリンギ 大1本)
•ベーコン 2,3枚
•にんにく1かけ
•オリーブオイル 大さじ1
•小麦粉 大さじ1/2
•牛乳 200cc
•醤油小さじ1
•塩こしょう少々
▽作り方
①白菜、エリンギ、ベーコンを切る。ニンニクはみじん切り。
②パスタをかためにゆでる
③フライパンにオリーブオイルを引き、ベーコン、エリンギを炒める
④白菜、にんにくを加える
⑤小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒める
⑥牛乳、醤油、塩こしょうを加えて煮立たせる
⑦パスタを加えてよく絡ませる

1月 172021
 
ちょいとピンボケ

 鶏胸肉をゆでた汁、菜っ葉、かぶが余っている。ネットのレシピを使ってスープにすることに。
「鶏ガラスープの素」のかわりにゆで汁を使った。
 胸肉は塩こうじをまぶしてゆでるとスープになるから最高だ。

▽材料(2人分)
・チンゲン菜(小松菜でも) 1株(120g)
・かぶ 2個(120g)
・水 1・5カップ
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・塩 少々
・片栗粉  小さじ2(同量の水でといておく)
・ごま油 少々

▽つくり方
①チンゲン菜はザク切り、かぶは4〜6等分に切る。
②鍋に水とスープの素、かぶを入れて煮る。
③かぶがやわらかくなったらチンゲン菜を加えてひと煮立ちさせ、塩で味を調える。④水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、器に盛り、ごま油をたらす。

1月 162021
 

 100グラム38円、脂が少なくて健康的な胸肉を活用したい。ネットでキャベツをたっぷり使うサラダを見つけた。これなら腹もふくれそう。
 レシピでは胸肉を電子レンジであたためるが、塩こうじをつけて鍋でゆでることに。こうすればスープもできて一石二鳥。

▽材料 (4人分)
・鶏胸肉 1枚
・塩こうじ 大さじ1
・キャベツ 1/4~1/2(鶏肉の倍)
・人参 1/2本
・塩 小さじ1
★しょうゆ・めんつゆ(3倍濃縮)・ゴマ油 各大さじ1
★酢 大さじ2
★一味唐辛子・ゴマ 少々

▽作り方
①胸肉は、塩こうじを全体にまぶして1時間ほど置き、沸騰した鍋に入れる。ふたを閉じて再び沸騰したら火を止め、冷めるまで待つ。
②鶏肉を手で裂く。
③キャベツは1cm幅の細切り。人参は細切り(スライサーを使っても可)。キャベツと人参に塩を振って混ぜ、少し置いてから、手でギュッと水分を絞り出す。
④鶏肉、キャベツ、人参と★を加えて混ぜる。

1月 122021
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 冷蔵庫にある塩サバを洋風に食べるのには……と検索したら出てきた。レシピではスープの素を使うことになっていたが、単純な味にになるのがいやでいしるにした。塩だけでもいいと思うけど。生のトマトがあればもっとおいしいだろうな。

▽材料(2人分)
・塩鯖の切り身 2枚(200g)
・小麦粉 大さじ1
・にんにく 1かけ
・玉ねぎ 1/2
・オリーブオイル 小さじ2+小さじ2
A トマト缶 1缶(400g)
A いしる 大さじ1/2(塩2つまみでも可)
A カレー粉 小さじ1

▽作り方
①塩鯖の切り身はポリ袋に入れて、小麦粉を振りながらまぶす。
②にんにくはみじん切り。玉ねぎは薄切り。
③オリーブオイルをひいたフライパンを熱し、塩鯖を皮目から強火で焼き色がつくまで焼く。いったんフライパンからとりだしておく。
キッチンペーパーでフライパンの油をふきとる。
④再びオリーブオイルをいれにんにくを炒める。香りが出たら、玉ねぎを加えて強火で3分炒める。
⑤塩鯖をフライパンに戻し、Aも加えて強火で3分煮る。

1月 122021
 

 寒いから粕汁。いつもは豚肉を入れるが今回は甘塩の鮭に。
 大根や人参の皮はめんどうだからむかない。

▽材料(5杯分)
・コンブ 7センチ角
・甘塩の鮭 2切れ
・人参 1本
・大根 10センチ
(白菜 少々)
・長ネギ 1/2本
・油揚げ 1/2枚
・しめじ 1/2株
・水 5カップ
・ミソ 大さじ4
・酒かす 100グラム 

▽作り方
①鍋に水を入れコンブを沈める。
②ネギを小口切り。大根は厚さ5ミリにイチョウ切り。人参は縦に半分に切って厚さ厚さ2,3ミリの半月切り。
 鮭の切り身は4等分ぐらい。油揚げは縦に半分にしてから1センチ幅に。
③ネギ以外の材料を鍋に入れ、沸騰したら弱火にして7分ほど煮込む。
⑤酒かすを溶かし、最後にみそを入れる。
⑥器によそってネギをトッピング。

1月 102021
 

 きんぴらよりさらに簡単な菊芋の料理をネットで見つけた。レシピではマヨネーズ大さじ2だが、ちょっと味が濃いからヨーグルト加えた。

▽材料(2人前)
・菊芋 200g
・ツナ缶 1缶
・マヨネーズ 大さじ1.5
・ヨーグルト 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・小ねぎ (小口切り) 適量

▽作り方
①菊芋は水で洗い、汚れを落とし、厚さ5ミリに切る。ツナは油を切る。
②菊芋をボウルに入れ、ふんわりラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分チン。
③ツナと調味料を和える。盛り付けてネギを散らす。