12月 142014
 

201412furimukanaide1

朝市に贈答用のカニを買いに行った。
みぞれ交じりの季節だけど、冬の味覚を楽しみに来る観光客で賑わっていた。
ロシア産の冷凍ものを仕入れて、1年中蟹を売っているオバちゃんがいる。
「おにいさん、値段だけでも聞いてぇ」
甘ったるい呼び声に反射的に振り向いた若い男性は、即、捕捉されていた。(つづく)

 Posted by at 11:17 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください