1月 032019
 
GR030782

お供えにいただいた滋賀の銘酒「松の司」。
飲み口はすっきりしていながら味の幅がある抜群においしい酒だ。
この数カ月、味覚がおかしくなったのか、
酒の味がわからなくなっていたから、
受け取ってしばらく開封を躊躇していた。
でも年末に開けてきょうも飲んだら、おいしい。

ならばもう1本、これもお供えにいただいた輪島の「奥能登の白菊 特別純米酒」も開けた。

IMG_2566

これまたおいしい。
若い杜氏ががんばっているんだろう。
前回飲んだ時よりレベルが上がっている。
年々成長するやさしい酒だ。
いっしょに飲みたかったなぁ。

100日経っても気分は何も変わらないが、味覚だけはもどってきたみたい。

 Posted by at 11:25 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください