10月 132014
 

201410-1ganbarimasu
「お母さんに認められるようがんばりマス!」とけなげなエリーさん。
なのに姑ピン子ときたら、
「あんたがなんぼ日本語をしゃべっても、着物を着ても、
髪を黒おしても、箸が使えるようになっても日本人にはなれんのじゃ!」
と突き放す。
なんか身につまされるなぁ。

この前もご近所さんたちとのトークで
「違(ちご)うって!」とさりげなく輪島の言葉を使ったつもりが、Sさんに
「『ちごう』やて」。とチェックを入れられた。

私モ、輪島の人に認められるよう、ガンバリマス!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください