7月 062013
 

201307-1popye

以前、「朝市」で漁師タケシの「ブリカツ」(ブリのフライ)を売ったときのこと。
タケシはチ●ピラの見張り番のごとく、私たちの背後から通行人を眺めていた。
「どうしたら子供たちがサカナを食べてくれるんやろ〜」
近年の「サカナ離れ」は、輪島のようなお魚のおいしいところでさえ深刻な問題らしい。
あー見えてタケシも「お魚ボランティア」と称して、公民館で子供たちへの啓発活動をしている。
「オレら子供んころ、父ちゃんから、『おサカナ食べてポパイになれ!』って言われて食わされたのに…。あ、今の子供にポパイはわからんか〜…」
いやいやいや、そーゆー問題じゃないでしょ!?

 

 

(ポパイはホウレンソウを食べます)

 Posted by at 9:11 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください