3月 192008
 

後は市民の 

記念館建設に賛否ある中、「生涯責任を持つ」と言った市長。
2005年4月「愛媛ジャーナル」では、市長の責任を問うた反対派議員に向けて「期間限定的な責任を問う政治家がおられることに正直、驚きを禁じ得ない」と発言。
ハコモノに回すお金を教育福祉に、と訴えているその「反対派」議員に対し、「耳障りの良い主張のパフォーマンスは、無責任な政治の古典的手法」と述べていた。
(ったく、引用しながら誰に対する批判なのか、わからなくなってきた……)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください