4月 282017
 

「坂の上の雲」ミュージアムが開館して今年で10年。
「日露戦争を賛美するのか~!?」ってハンタイしてたけど、
あれから10年…。
「先進地」松山の「地域災害」にとどまらず、
「教育勅語いいところもある」みたいな、
「明治150年」を前に、 国ごと 見事に逆戻りしてしまった。
…ってコトで、市議タケ子と10年ぶりに
ミュージアムを訪れた。

400円のチケットを買って入場。
「ワタシらが一番のリピーターやわい」と、
苦笑いのタケ子。

さすが10年記念とあって、東大阪の司馬記念館から
司馬の生原稿を借りてきてたけど、
あとはあいかわらず複製品が並ぶ。
リニューアルに2000万円だったか、
これだったら、子規・漱石生誕150年に
力(とカネ)を注げばよかったのに…。

子供向けに秋山兄弟パズルや、工作コーナーが
できていた。

レトロチックなかわいいイラスト。クイズにされても、
子供にとってはどーでもいい内容。

クイズ「国民国家の三大義務」
正解は「納税」「教育」そして「兵役」
なにを学ばせたいんや…。
てか「義務」を「与える」って…。

こんな「ぬり絵」やってどーすんじゃい。

バルチック艦隊や秋山兄弟のペーパークラフト。
いろいろ考えたつもりなんやろうけど…。

「税金のムダ遣い」「二度と来ません」などなど、
来館者のホンネが綴られた「来館者ノート」を
楽しみにしていたのだが、あまり書いてほしくないのか、
喫茶コーナーの奥に、ひっそりしまってあった。
ルーズリーフ式のノートになって、
書き込みの数も日付から察するに激減。
まさか都合の悪いコメントのページを抜いてへんやろね?
と勘ぐってしまうほどだった。

土曜日昼の稼ぎ時だというのに、
喫茶コーナーは「休憩中」。
国民国家をうたっていても、
自分ファーストなミュージアムでした。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください