12月 112007
 

10712sakakumo-kokoku

12月2日付けの愛媛新聞に五木寛之を招いた講演の広告が載っていた。
題して「坂の上の雲の時代と松山」。
五木氏と安藤サンのサカクモミュージアムの写真が占める広告を読み進めていくウチに、
んんんん???!!!
よくよく見ると、「場所」が「松山市子規記念博物館」となっている。(紛らわしい広告やなぁ……)
きっと500人の参加者を集めるには、サカクモミュージアムではスペースが小さすぎるのだろう。
そんなの最初からわかってただろうけど……。
サカクモミュージアムの展示物は、少なくとも私がみたときは、
扇や盃やトランクと掛け軸など7~8点しかほんものがなくて、あとはすべて複製品だった。
「ハコモノ先行」の批判に対し、
「このミュージアムは情報発信や地域支援機能をもたせることになっていて、単なるハコものとは違う」
と、元まちづくりチームディレクターのオジサンが「愛媛ジャーナル」などで書いていた。
でも、「情報発信」や「地域支援」はおろか、肝心の「サカクモ」の一大イベントでさえ、「子規博」でやるなんて……。
あまりの無邪気さに、心底萎えてくる。

 Posted by at 11:08 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください