9月 212010
 

騎馬像

夜、久しぶりに愛媛・松山のロープウエイ街を歩く。
東雲神社の下で、「騎馬像」を見つけびっくり!
ま、ままさか「秋山兄弟!?」と思いきや、「加藤嘉明公」だった。
いくら城主とはいえ、暴君としての逸話を残し、朝鮮出兵の「功績」もある人物。
それを「観光の目抜き通り」に配置するとは…。
ま、台座もなく、薬局の置物ぐらい大きさだったので、威圧感がさほどでもないのがせめてもの救い。
(「威圧感のない騎馬像」というのもヘンなのだが)

「明治の風情」を再現するため、外壁工事と電柱地中化に税金をつぎ込んだロープウエイ街。
そしてそこにできたのは近代的なロープウエイ駅舎と、武将の騎馬像。
さらに夜には点滅する監視カメラが彩りを添え…。
あるイミ、新しい風景を作っていた。(つづく)

 Posted by at 1:04 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください