8月 062017
 

Rの誕生日は心斎橋のヴァンサンク・ブランシュでランチ(4500円)を食べることに。
ゆったり広々していて静かな店内。
最初の飲み物は、フランスの白ビール。フロオーネンブルグといい、
フルーツのような風味がある。スイカのリキュールはまさにスイカの味と香りだ。
給仕のキビキビした仕事っぷりに、とっても期待が高まる。
劇場でお芝居を見ているような気分になる。

GR016240

「付け出し」。マドレーヌは玉ねぎを練りこんでいる。
「玉ねぎ」と説明を受けたのに、「カニカマ」と聞き間違える庶民の悲しみ。
フォアグラの上にぶどう?のゼリーをのせたもの、それに、肉のパイ。
すね肉のシチューみたいな、しっかりしたお肉。GR016244

ひとつめのオードブルは、本マグロの炙りと冬瓜をコンソメ味で。
薄味!だけど、物足りなくない。
「へぇぇ~…!」
「ほぉぉ~…!」
そんな言葉でしかでてこない、食レポ失格のおら達。

グラスワインは1200円。ハーフだと800円。
ハーフでは物足りないから普段ならグラスワインを頼むのだけど、
「うちのワインは他の2分の1の値段で倍の量」という。
ソムリエオススメの白ワイン3種と赤ワイン1種を
それぞれハーフで頼んだ。普通のレストランならフルのグラスワインの量に近い。

GR016245

白ワインのひとつめは、ドイツの「ディープ・ブルー」。
ピノロワールという赤ワイン品種のぶどうの皮をむいて作っている。
酸味と甘みがある。二つめはイタリアワインで、言われてみるとちょっとだけ苦味がある。
3つめはカリフォルニアのナパバレーのもの。グラッパに似た甘みがある。
カリフォルニアワインは、とうもろこしづくしの2品目のオードブルにぴったり。
トウモロコシと生クリームのアイス、スープ、若い葉っぱが甘いのにも驚いた。

GR016247

次はイサキ。魚の汁で味付けしたリゾットを下に敷いていて、
ソースがわりに。薄味なのだけど、どれも美味しい。
つけあわせのツルムラサキの苦みと歯ごたえもぴったり。
口直しのシャーベットは、ホワイトラムとスペアミントの味。

GR016252

メインは、奄美大島の島豚の「カズゴロウ」。
レア気味に焼いてあって肉の味がしっかり。脂身部分も歯ごたえがあって濃厚だ。

GR016254

Rは子羊。オーストラリア産という。ソースには黒にんにくを使っているのだとか。
レアのお肉は苦手だったのだけど、これは絶妙!

GR016257

デザートは荒川の桃のコンフォートとアイスと、ハーブティーのゼリー。
さらにちょっとした焼き菓子も出てきた。

GR016267

オープン40年の老舗は、味はもちろんだけど、
料理や酒を楽しませる術をよく知っている。ワインの美味しさは感動ものだった。
料理との相性がこんなにも違ってくるなんて!
今までワインを味の好みで選んでたことがもったいなかったなぁ…と思うほど。

GR016271

給仕がお皿を下げるとき私が話しかけると、
会話を邪魔しないように、さりげなく他の給仕がお皿を受け取っていた。
流れるような連係プレーに惚れ惚れ…。
口においしく、目に耳に楽しく。
そうだよな。「レストラン」って、そういう特別な場所だったよな…
と、思い出させてくれた一日でした。
ごちそうさまでした!

 

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください