4月 302020
 

「料理の写真を美しく撮ってもらえませんか」と言われた。
 美しくって言われてもイメージがわかない。困惑していると
「ランチョンマットとか箸置きとか使って、おいしそうに見せて欲しいんです」
 ランチョンマットってなんだっけ? と一瞬戸惑って、食器棚にいっぱいあった布を思い出した。
「あのー、全部処分しちゃったんだけど」
「エッ!?」
 Tさんは絶句した。
 僕の美術のセンスは壊滅的だ。
「ミツルの絵でうまいのは宇宙戦艦ヤマトだけや。ミツルに美的センスを求めるなんて、赤ん坊にマルクスを読ませるようなもんや、せやろ?」
 Rはいつもそう言って笑っていた。
 自分で使いこなせないものは見るのがつらいだけだから、おしゃれな布や箸置き、食器はすべて手放した。箸置きも20個はあったけど、どうせ使わないからひとつを残して処分した。
 使いこなせないけど残しているのは、彼女が買いそろえた輪島の塗り物ぐらいだろう。
 そのなかに杉板のランチョンマットがあった。
 壊滅的な美的センスでまともな料理写真を撮るのは絶望的だけど、とりあえずきょうは「イワシの梅煮」をつくることに。作り方は【http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=11297】にまかせて、杉板ランチョンマットと唯一の箸置きを取りだした。
 背景が寂しいから「菊姫 山廃純米」の四合瓶と輪島塗のおちょこも動員した。おかずが一品だけじゃ見栄えがしないから、厚揚げも添えてみた。
 「美しい料理」というTさんの要求は、口調はやさしいけど、鬼コーチ以上にきびしい。
 遠からずギブアップするんだろうけど、新しい世界を体得するという、桜が12月に満開になるより低い可能性に期待して、もうちょっとだけもがいてみよう。

 Posted by at 9:18 午後
4月 302020
 

 お客さんが2人来るから朝からカレー作り。
 ネパール出身のデビさんに鬼子が教えてもらったチキンカレー([http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=12102])と、ホウレンソウと豆腐のカレー([http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=12129])。

 チキンカレーは手間がかかる割に、じっくり1時間煮こむものだからできあがる量は少ない。味はおいしいのだけど。ホウレンソウカレーも水分を極力減らすから、ホウレンソウ1把使っても2人分しかできない。こちらは辛くない。
「カレーと言われなければカレーと思わない」とのこと。たしかに。もう少しバターを増やせばさらにおいしかったかも。

 翌日は余ったカレーを二種盛りに。

 Posted by at 1:36 午後
4月 242020
 

 野菜を使うため「回鍋肉もどき」。豚肉は前日食べたから鶏もも肉を使った。
▽材料
【たれ】
・みそ(大1)、豆板醤(小1)、ミリン(大1)、砂糖(小1)、酒(大1)を混ぜておく。
【その他】
・鶏もも肉空揚げ用150グラム
・キャベツ 3枚
・ピーマン 2個 8分の1に。
・ニンジン 1/3本
・ニンニク・ショウガ 1切れずつ みじん切り

 最初にニンニクとショウガを軽く炒めてから、肉を投入。火が通ったら、キャベツとピーマン、キャベツを加えて「たれ」を混ぜる。

 前日は恒例のK夫妻がごちそうを持ってきた。
 取り寄せたというフグの白子は酒にぴったり。

 山芋焼きと肉じゃがもおいしかった。

 僕一人では1品しかつくらない。それになれていたから、3品以上あるだけで、ぜいたくな気がしてしまう。

 Posted by at 10:04 午後
4月 222020
 

 久々に6時台に起きた。きょうはけっこう寒い。
 午前中はお遍路の本を読み、昼飯は、傷んでいるジャガイモを「チヂミ」に。すりおろすのは面倒だから、千切りのレシピをさがした。
 ネットのレシピ通りにつくったらフライパン3回分になってしまった。バターと醬油をのせて食べた。おいしいけどちょっとむつこい。
 薄手のセーターをはおってOBPから大阪城公園を散歩する。人がいない。平日とは思えない。30分ほどベンチで本を読んだ。
 がんセンターが目の前に見えて気持ちがなえてしまい、もどることに。
 2年前の4月、退院してここを歩いてOBPのそば屋に行って「だしがきくぅ〜」って喜んでいた。でも2週間後には再入院して余命を告げられた。

 豚汁の材料と焼酎を買って、16時前に帰宅した。
 夕食は具だくさんの豚汁と、昼のジャガイモのチジミを薄めに焼き、バターではなくポン酢醤油とマヨネーズをつけて食べた。

▽ジャガイモのチヂミ(3食分)
・ジャガイモ 2個
・ツナ缶 1
・卵 1個
・ネギ 適量
・小麦粉 1.5カップ
・水 1カップ
・醤油とバター

 ジャガイモは千切り、青ねぎ小口切り。 ボウルに小麦粉と水と卵を入れてよく混ぜる。 そこにジャガイモとツナとネギを加え、フライパンに薄くのばして両面こんがりと焼く。

 Posted by at 9:47 午後
4月 212020
 

 10個100円で買った傷みかけのジャガイモや5本100円のニンジン、新タマネギがある。ということは久しぶりに野菜スープかな。
 前回はカボチャやレンコンもいれたが、今回はジャガ玉ニンジンの3種で。

■保存用野菜スープ
・ジャガイモ小 3
・タマネギ大 1
・ニンジン 1.5
・ローリエ(コーンは入れ忘れた)
 材料を適当に切って圧力鍋へ。八分目まで水を入れ、塩(2つまみ)とコショウをふる。 圧力がかかったら2分間火にかけ、圧力が抜けてからしばらく放置して余熱を通す。
 ローリエを取り除いてからミキサーにかける。
 プラスチック容器に小分けにして冷凍し、食べる時に牛乳と塩を加えて温める。

 ナスとピーマンと豚肉が安かったから、夕食のメインはそれらをいっしょに炒めた。一番最初に教えてもらった料理だ。
 人に食べさせるわけじゃないから、最近はピーマンの種は取り除かないようになった。
■ナスとピーマンと豚肉炒め
・ニンニク1かけとショウガ1かけをみじん切り。
・ナスは乱切り。・ミソと酒と砂糖(各大さじ1)とミリン少々を混ぜてペースト状に。・ニンニクとショウガを炒め、豚肉を入れ、ナスとピーマンを入れ、最後に混ぜた調味料を加える。
 ニンニクがちょっと焦げたけど、まあまあの味になった。

 Posted by at 11:28 午後
4月 202020
 

 生ゴミになってしまった前回の反省を踏まえ、大根を半月切りにして前もって下ゆでした。
 熱湯をかけたアラと薄切りの生姜、調味料(しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、砂糖大さじ2)を大きめのフライパンに入れて、1/3が浸るように酒と水を入れる。
 蓋をして7分間強火にかけ、蓋を取ってさらに3分ほど強火で汁を減らす。最後に大根を加えてさっと混ぜて煮汁をからませる。ふたをして火を止め、冷めるのを待つ。冷めるときに煮汁を吸う、と教えてもらった。
 魚はおいしくできたが、大根がガジゴジする。これは火加減のせいではなく、1本68円という格安を買ってきたのが悪かったのかもしれない。

 もう一品は朝飯の味噌汁にトマトとバターとキャベツを加えて、胡椒をかけた。

 昼飯は、キャベツとネギを刻んで、卵とチーズと小麦粉を混ぜたお好み焼き。まずくはない、というレベル。

 Posted by at 9:36 午後
4月 202020
 

 毎度おなじみのグルメのK夫妻が来るというから、シシトウとトマトを買って厚揚げと炒めることに。これは夏場に冷やして食べた。今の季節だったら熱々でも冷えててもよかろう。

 Kはアジのなめろうをつくった。刺身用のアジの切り身を大さじ1杯弱の味噌と刻みネギ、生姜1かけのみじん切りと一緒に包丁でひたすらたたく。

 残りをフライパンで焼くと、魚のハンバーグのようになった。
 最後は茹でたジャガイモを揚げておつまみに。
 おつまみモードがつづいたからコーヒーを入れる隙がなかった。

 昼食は、冷蔵庫に余っているオリーブの実とシーチキン、トマト、ニンニクを炒めてパスタに。余っていたホウレンソウも入れてしまった。鷹の爪も使うべきだった。

■トマトと厚揚げとシシトウ炒め 20200419

・厚揚げ 200グラム
・トマト大 2個
・シシトウ 5〜10本
・ごま油 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・ショウガ 1かけをすりおろしてしぼり汁(小さじ2)を取る。

 トマトは縦に6等分。
 フライパンにごま油をひいて、一口大に切った厚揚げをこんがりするまで焼く。トマトとシシトウを加えて強火でざっと炒めて火を止め、しょうゆとショウガのしぼり汁(小さじ1杯と書いてあるけど、2杯投入)を加える。生姜の汁は、すりおろしたあと、指でぎゅっと押さえてしぼった。

 Posted by at 8:41 午後
4月 182020
 

 梅煮は教えてもらっていたけれど、塩焼きはじめて。鬼こーちは僕がグリルを使うのを嫌がったから、使い方もわからない。1年ほど前に一度やったけど、ベタベタにくっついて失敗した。
 今回は事前にネットで調べた。
 塩はちゃんとふる。前もってグリルに酢を塗って温めておく。片面7分、反対面5分中火にかける……。鬼に一度は言われていたけど、すっかり忘れていた。
 やってみたらそれなりにうまく焼けた。大根おろしを添えた。(下記はネットの記述の抜粋)

 もう一品は、朝飯の味噌汁にトマトと玄米ご飯をぶち込んで、とろけるチーズと胡椒をかけてリゾットっぽいおじやにした。「味噌汁にはチーズもバターも合いますよ」という助言を受けてやってみたら意外に美味しくて、ワインやビールにも合う味になった。

=============
1.魚を焼く前に
 30分前に冷蔵庫から出し、室温に置いておく。ウロコがある魚は、そのままだと口当たりがよくないので、ウロコ取りや包丁でこそげる。
 流水で魚を軽く洗って、キッチンペーパーなどで水分をとる。
2.青魚は「ふり塩」
 「ふり塩」をすると、表面をすばやく固めるため、うま味を逃さない。
 全体にまんべんなく「ちょっとかけすぎかな?」と思うくらい塩を振りかける。手で魚になじませるように軽く塗り込む。
 白身魚は背の青い魚に比べて水分も少なく臭みもないから焼く直前に「ふり塩」を。
3.グリルの網に酢をぬる
 魚の皮が網にくっつきやすいのは、動物性たんぱく質が熱を受けることで変化し金属と反応するため。それを防ぐため、酢をキッチンペーパーなどにしみこませ、網にあらかじめ塗っておく。
4.グリルを余熱
 あらかじめグリル内を強火で5分ほど加熱することで、皮がパリッと仕上がる。
5.火加減
 火加減は青魚と白身魚は中火。味噌漬けや西京漬けなどは焦げやすいので「弱火」。
6.裏返すのは1度だけ
 一度火にかけたら色よく焼き、返すのは一度だけ。何度も返すと身くずれをおこす。
7.焼く時間
 青魚2匹程度だと、片面グリルでは最初に7分、裏返して5分。皮にまんべんなくこんがりした焼き目がついたら出来上がり。

 Posted by at 10:21 午後
4月 152020
 

 鬼メニューではなく、数カ月前にネットで調べてつくった。鶏もも肉をじっくり焼いたから香ばしい。ネギの甘みとあう。しかも簡単。[http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=12918]

ちょっと物足りなかったから、ワインのつまみにもう1品だけ。

■新タマネギ丸ごとレンジ蒸し
1 新タマネギの皮を向き、上と下を切る。
2 下の部分を上にして米印の切り込みを入れ、バターをのせる。
3 ふんわりラップをして、700ワットのレンジで5分。4 醬油をかけてできあがり。粉末パセリがあるとよいらしいが、それは割愛。

 Posted by at 9:15 午後
4月 152020
 

 天然鯛のアラが298円だから大根と炊くことに。
 圧力鍋を使って圧力鍋を使う方法[http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=11254]を採用したが、大根の一部がかたい。
 上下を入れ替えて強火にして煮汁を減らした。
 ところが、せっかくのタイがバラバラに。
 かき混ぜすぎた。
 圧力鍋は使わず大根だけ下ゆでするパターン[http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=11310]の方が失敗が少ないようだ。

 もう1品は、余っているモヤシとニラをゴマ酢醤油和えにした。
 【モヤシ(1/3袋)と、3センチほどに切ったニラ(1/3把)をフライパンでサッとゆで、水で冷ましてしぼる。すりごま(大さじ1)としょうゆ(大さじ1/2)、酢(大さじ1)を加えて混ぜる】

 ちなみに朝は、前夜のちゃんこの汁に中華ソバをいれて卵を落とした。

 昼は、キャベツとツナ缶とショウガの焼きそば。

 Posted by at 9:00 午後