10月 202016
 

%e5%87%ba%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%8a%e5%bc%95%e3%81%a3%e8%be%bc%e3%82%81%e3%81%9f%e3%82%8a

自民党は憲法審査会に、党改憲草案を出さないまま、
憲法審査会にのぞむらしい。

チンゾウは
「憲法審査会という静かな環境で議論を」と繰り返すが、
「静かな環境」って、「ナチスの手口」に通じるっちゅーか、
愛媛のつくる会の教科書採択の時に、
加戸元知事が言った言葉とまんま同じで、
「おじいちゃん、おくち臭いよ」の感が…。

てかさ、現行憲法を「恥ずかしい」と批判するなら、
せっかくの「歴史的文書(by船田元)」なんだから、
「棚上げ」などともったいぶらず、
堂々と話し合いの場に出せばいいのに。
それともよっぽど恥ずかしいんやろか?

以前、司馬遼太郎の作品を
「夜中にコッソリ書斎で楽しむもの」と評した人がいたけど、
自民の改憲草案は「同人誌」として、
内輪だけで楽しんでいただけまいか。

…にしても、相変わらず、
こっちの様子をうかがいながら、出したり引っ込めたり…。
罪悪感とスリルがたまらんようで。

https://www.youtube.com/watch?v=K4xhvAtvYuA

衛藤の「もうこれ以上待てない」という発言が、
輪をかけてヘンタイちっく。

頼んでもないことばかり確実にやっちまう政権だけに、
「おとなしいときはアヤシイ」と、心したい。

 

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください