7月 292015
 

鶴見俊輔さんがなくなった。
「わたしが好きなおじいさんナンバー5」のなかで、
もっとも好きなおじいさんだったのに…。

昨年の特定秘密保護法や最近の安保法案はもちろん、
2011年の震災以降、コメントをみかけなかったので、
具合がよくないのだろうな、と思っていた。

「歩く図書館」と言われた鶴見さんの話は、
縦横無尽、どこに落ち着くかわからない。
最後に、「そーくるか!」とニヤリとさせられる。

ワタシのアタマでは鶴見さんが「もうろく」してから
書かれたものがちょうどいいくらい。
予感、ではないけど、1ヶ月ほど前に買いためておいた
鶴見さんの本を、これから読んであらためてよすがとしよう。

http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=2428

 Posted by at 11:20 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください