1月 152015
 

漁師のタケオにスーパーで会った。
「レイザルちゃん、タラいらんかぁ」
家までとりにいくと1匹まるまる鍋用にさばいてくれていた。
肝や白子もつけて「1000円でいい」という。
夏にノドグロをもらってお礼もしていなかったので、
頂き物のミカンと2000円を渡した。

P1060226
タケオは延縄漁だから、定置網に比べて鮮度が抜群。
刺身でも食べられるほど。
1回じゃ食い切れんので、 胴体の部分は冷凍。

P1060229

この立派な白子。肝。あらかじめ塩もみしてぬめりお落とすんだって。
頭や腹の部分を鍋に。

P1060231

目玉の周囲のコラーゲンの部分がおいしい。
苦手な皮もぜんぜん気にならない。
白子と肝は濃厚でなんともいえない。
臭みどころか、香りや風味が際立っている。
タケオの魚を食べると、都会のどんな高級料亭だって
しょーもなく感じるだろう。
本当にありがたいことだ。

P1060235

日本酒にしようかと思ったけど、白子を見てワインもアリかと。
この白子の濃厚さに負けないワインがこれ。

P1060232

スペインのRibera del Duero。
澱がざらざらする飲み口は、フランスワインとは正反対。
そのぶん、うまみは抜群。
リベラにしては安価な1990円のを選んだが(高いのはもったいなくて買えない)、
リベラらしさ、は十分味わえた。

P1060233

 

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください