11月 012014
 

201411hiko
ゴローが珍しく肩こりを訴えるので、マッサージをしてあげた。
体重をかけ、背中をグイグイ。
首をグィーっと引っ張ると、よほど気持ちが良かったのか、即、眠ってしまった。

マッサージの資格を持つ友人に私の腕前を話すと、
「それ、秘孔突いてるかも…」と青ざめていた。
一緒に聞いていたウサ子は
「レイザルたん、けんしろーみたいっ!」と一人はしゃいでいた。

 Posted by at 12:00 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください