5月 162006
 

父が新しいグループホームに移ることになった。
以前いた施設から請求書が来た。
みると、日割り家賃の他に、
「お部屋クリーニング代」として
6万円記載されていた。


賃貸住宅は、「経年劣化」に伴う改装費(畳やふすまの入れ替えなど)は貸し主負担が原則だ。
施設だって、入居時に支払う「敷金」に値する「入居金」のなかで本来償却されるべきではないか。
そう施設の人に確認すると
「お父様の場合、車いすをご利用で床も痛んでいます。」
 と別途請求の旨を述べた。
「じゃあ、メンテナンスにかかった改装業者からの領収書を送ってくれ」
 と求めてしばらくたって送られてきたのは、改装業者の「見積書」だった。

「領収書」をくれ、と言ったのには理由がある。
父の退所後、すぐに別の利用者が入居していたからだ。
とても改装したとは思えない。
たぶん恒常的に、「見積書」で請求し続けてきたのではないか。
それにしてもセコイ。やることも金額も。
年寄り相手に良心が痛まないのだろうか。
もちろん、事務の人だって会社の一員として
悪いことだとも知らず今までやってきたのだろう。
でも少なくとも、工事をしたかどうかはわかるはず。
今となっては確認すべくもないが、
先日、たまたま入居スペースを訪れた時の
施設職員の凍り方で、やっぱアヤシイと確信した。(つづく)

 Posted by at 9:54 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください