3月 052018
 

【材料】(今回は1人前、のつもり)
・ニンジン2センチ
・大根(2センチ 銀杏切り)
・白菜(2枚)
・白ネギ(1/2 厚さ1センチほどに切る)
・干し椎茸(3個)
・一口大の鶏肉(100グラム)
・油揚げ 1/3枚
・醤油(大1.5)
・みりん(大1)

【作り方】
ニンジンとダイコン、白ネギが余っている。干しシイタケ(3枚)を水に浸しただし汁も冷蔵庫にある。冷凍庫にはみそ汁用に細く切っておいた油揚も。
「この材料でつくれるものってなんや?」と鬼コーチ。
豚汁ぐらいしか思い浮かびません。
そこで、鬼コーチが示したレシピが鶏汁。
「ミソ汁などの汁としてのむなら、ニンジンやダイコンはほんのちょっと。白菜も1枚、鶏肉なんて60グラムもあればええ」と言われたが、僕としては1椀で腹が膨らむ酒のつまみにしたい。そこで具材を鬼コーチの当初案の倍ぐらいにした。
ニンジンは半月型にしてから薄切り。ダイコンは厚さ5ミリの銀杏切り。白菜は食べやすいように長細く。白ネギは厚さ1センチほど。干しシイタケは堅い軸の部分を細かく切る。油揚げは細切り。
干しシイタケのだし汁を入れた鍋に鶏肉を含めたすべての材料を投入し、ちょっと水を足して点火。
沸騰して3,4分でダイコンがやわらかくなったら、しょうゆ(大さじ1.5)とミリン(大さじ1)で味つけする。パンチが足りなければ塩をひとつまみ。
洗濯をしながら夕食をつくるのはけっこう疲れた。
「どや、主婦も、デパートぶらぶらして遊んでるばかりじゃないってわかったやろ」と鬼コーチ。
「デパートぶらぶらして遊んでばかり」って、語るに落ちている気がするんですけど。

 Posted by at 11:08 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください