12月 302017
 

キャベツが4分の1残った。さてどうしようかと思って食卓を見ると「おまけ 鬼レシピ」と記された紙があった。内容を読むと、キャベツが残ったときのレシピだった。

「モヤシとニラと豚バラ肉を買い足して、酒(大さじ1)と水(100㏄)で重ね蒸しをしろ。ニンニク薄切りを足してもよい。みそ味もおいしい。…」と書いてある。

さて買い物に行くか。

スーパーで肉を見ると、豚バラは100グラム180円もするものしかない。しかも1パック300グラム以上。そんなに食ったらでぶってしまう。
隣に国産地鶏のもも肉がある。こっちの方がうまそうだ。
いそいそと買い物籠に入れた。
見計らったように鬼コーチからメールが届いた。
「鶏肉は分厚いから火が通りにくい。蒸し煮にするなら豚肉やぞ」

無視無視。

さて、家にもどって、まずはキャベツをざく切り。ニラ1把をざくざく切って、ニンニク1かけを薄切りに。フライパンにコンブをしいてから材料を入れ、酒(大さじ3)と水を150㏄ほど加えて点火。
鬼は肉に火が入らないことを極度にきらうから、鶏肉は小さめにちぎっておいた。
中火で10分蒸し煮にして、ミソ(大さじ1)を加えて混ぜて、コショウをふってできあがり。

GR020538

その時間を見計らったように「肉に火は通ってるやろな?」とメールが届いた。

かーんたんな料理だけど、ニンニク味が効いておいしい。満足して食い始めようとしたら、「黒七味をかけてみぃ」という着信があった。
冷蔵庫にある、鬼コーチが京都で買ってきた黒七味は何にかけてもうまい。

 

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください