8月 112016
 

輪島の料亭「津志万」。ミシュランガイドにも紹介された名店。
かつては庶民は敷居をまたぐこともかなわなかったとか。

GR007704
左上はベニズワイ。
地元のズワイは冬しかないが、ベニズワイは定置網にかかる。
イカやサザエの刺し身。
サザエのしっぽ部分が白い。これがおいしいが、外見ではだれも区別がつかないという。
 シャクシャクの歯触りのモズクはいかにも能登!
飾りのゴボウは芯を抜いてある手の込みよう。

GR007705

焼き物はアラバチメ。磯の魚で身がひきしまってプリプリしている。

GR007707

夏の王者は大きなアワビ。
コリコリかたい。能登の磯の香りそのもの。
GR007708

ヤマメも地元産。頭からパク!

GR007709

冬瓜ではない。輪島名物の夕顔(ゆうご)。青ゆずの香りがなんとも涼し気。

GR007711

 

カメノテでだしを取ったみそ汁。だしがよく出るのだそう。
シャパシャパしたしょっぱい輪島の味噌がよく合う。

GR007712

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください