7月 112006
 

花よりもなほ

  「花よりもなほ」を観た。
せりふのひと言ひと言が意味をもっていて、しかも笑えた。
登場人物である庶民たちの図太さ、したたかさに是枝カントク自身が重なる。
「桜のように潔く散るまで」と、仇討ちを考えている主人公に対して語られたせりふ。
「桜が散るのは、来年もまた咲くためですから」
「サムライ魂」だの「武士道」だの振りかざしている人に、
この言葉の意味を感じてほしいもんだ。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください