6月 272006
 

10606-5iken.gif

 大洲市長が20日の定例市議会で改憲への所信をただされ、
「自衛隊が現実に存在するので、実態に合わせて改正が必要。改憲の時期が来ているのではないか」
 と発言した。
 でもって、
「戦争放棄と恒久平和の理念は堅持されるべき」
 と言い訳がましく付け足した。
 コイズミさんだって「戦争は繰り返さない」と言っている。
ホンマ、なんとでも言えるワ。
 「言葉の力を信じたい」というどこかの新聞社のコピーがあるけど、
言葉を信じることほどコワイものはない今日この頃。
 それにしても9条の会の人はどうしちゃったんだろう。
 まさか、会に入って勉強したら安心して疲れて寝てしもたんちゃうか?
鶴見俊輔や辺見庸は命を削って訴えている。
 今こそ老体にムチ打て!

 

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください