10月 292014
 

大崎の漆器完成-1

夕食の時に、少量の汁物(野菜のポタージュなど)のための器を探していた。
鳳至(ふげし)の老舗、大崎漆器店で偶然見つけた。

江戸時代からあった文久椀の復刻版。

PA140248
PA140247
水垢がつきにくいよう、ふちにカーブを持たせ現代風にアレンジ。
汁椀よりすっと細長いので、よそ行き感がある。
和洋折衷な柄を探して蒔絵を注文。輪島に来て一番の贅沢!ブルブル…。

大崎の漆器完成-2

注文から約2ヶ月。イメージよりずっとゴージャズに金蒔絵をほどこしてくれた。

大崎の漆器完成-4

蒔絵はよそ行き…と敬遠してたけど、デザイン次第で洋食器とも組み合わせ可能。

蒔絵の技術が継承されるために、もっと価値が広まってほしいと思う。

大崎の漆器完成-10

目に貝が黒漆で貼り付けてある。

PA140249

立体感のつけかたも、イメージ以上のできばえ。

大崎の漆器完成-11

PA140250

こちらもおめめキラリ!芸が細かい…。

図柄の相談、仕上げの確認など、そのたびに大崎さんのお宅にお邪魔させていただいた。
納得いくまで時間をかけられるのが地元ならでは。
器に負けないように、ていねいな暮らしを心がけよう。ゴツン!(←椅子に足をぶつけた)

 Posted by at 9:33 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください