8月 312013
 

201309eienzero

本屋さんのレジに並んでいると、おじいさんが割り込んできた。
若い店員に向かって
「ヒャク、ヒャク…」と口をぱくぱくさせて訴えている。店員が困惑していると、
「ホレ、カイゾクの…」
ピンと来た私は
「百田直樹の海賊と呼ばれた男?」と助け船を出してあげた。
おじいさんは
「オゥ!それの…」
「永遠のゼロ?」
「それそれっ!」
ワタシの通訳がなければ答えは永遠にゼロだったろう。

 Posted by at 8:07 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください