9月 202007
 

9/13愛媛新聞によると、心臓クンの辞職について、加ト知事は、
「『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれと、日本の外交の最高責任者として決断したもののふの生き方』と持ち上げた」のだそうな。
大丈夫か?加トちゃん。
まぁ、確かに「サムライ」の、精神主義でエキセントリックでクレイジーなイメージから見れば
切羽詰まって自爆しちゃうって意味で「もののふ」なのかもしれないけど。
フランスのニュース専門公共ラジオ局フランス・アンフォは
「安倍氏は政界の名家出身だが、国民の目には『甘やかされた子ども』と映っていた」
「ナイーブで内閣運営の経験と感覚を欠いていた」
と辛辣な東京特派員の解説を報道。
(ちなみに「ナイーブ」には「アホ」のニュアンスがある)
「日本人としての誇りを取り戻す」
って自らの歴史認識を披露したら、アメリカからバッシング。
道徳を説けば、脱税疑惑。
「日本人としての誇り」を失わせてんのは誰やねん!

 Posted by at 11:30 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください