2月 162012
 

穴水のかき祭り。波ひとつない内海のすぐ近くの広場に無数のテントがたちならび、炭火のコンロが数百個もずらりとならんでいる。
会場にはいって5メートルほど歩いて早くもサルは店に釘付けに。牡蠣の中華風チリソース丼。たしかにうまい。シイタケも買った。さらにカキフライ500円。さらにさらに牡蠣などの身が 入ったみそ汁。

11個で1000円の殻つきの牡蠣を買って自分で炭火で焼いて食べる。
身が大きくてうまい。雪がけっこう舞っているのに、火の近くだと暑いぐらいだ。

頭をとった小アジを酢につけたのが何匹も 入っている「早ずし」はお土産に買って家で食べた。

「復活させた」と書いてあるおばちゃんたちがつくった番茶も購入する。

曽良地区のカブラ生産組合がつくったカブラ漬けもおいしそう。なかにサバが入っている。

ふつうのカブラ寿司はブリが入っているのだが、サバもまたよし。

Sorry, the comment form is closed at this time.