12月 242011
 

振り売り

毎日11時半になると魚の「振り売り」(行商)のおばちゃんがリヤカーを引いてやってくる。
すると近所のオバチャンたちが猫のようにゾロゾロとリヤカーに集まってくる。
今日、遅れて私が行くと、オバチャンたちが神妙な顔つきで
「葬式、28日やって」、となにやらひそひそ話し合っている。
「どなたかご不幸でも?」とたずねると、中心にいた行商のオバチャンが、
「『北朝鮮』よぉ〜!!」となぜか胸を張り、皆一同に頷く。
「みなさんご葬儀に参列するんですか」と、わたしがマジメ顔で冗談めかすと、
「な〜んも、なんも!!」と、大笑いになった。
「ほら、元喜び組として!」と追い打ちをかけると、
ノリのいいHさんは、「泣きまねせんといかん!!」と干物を片手に
オイオイと突っ伏してみせた。
しかし和んだ空気を打ち消すかのように、行商のオバチャンは再び神妙な顔つきで、
「しかしコワイで〜。戦争になるかもしれんで〜」と凄んだ。
だけど出刃包丁片手に語るオバチャンもたいがいコワかった。

 Posted by at 5:53 午後

Sorry, the comment form is closed at this time.