4月 302011
 

 キャンディーズのスーちゃんがなくなった。
 昭和6年生まれの父は、スーちゃんのファンだった。
 解散コンサートの日は海外出張になってしまい、
家庭用ビデオがない時代、父は自分に変わってコンサートを見ておくように厳命し、名残惜しそうに出張へ出かけた。
 数日後、帰って来るなり玄関先で私と交わした言葉は、
「スーちゃん、泣いたか?」だった。
 私は父に対しいいようもない不快感を覚えた。
 高校生になっていた姉はそんな父を
「やだねー、中年の男は!」と一瞥。
 追悼番組で「はじける若さ」のスーちゃんに見入りながら、
ふと、当時の父の年齢に近づいていることに気づいた。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください