1月 102011
 

青少年条例

 東京都青少年健全育成条例の「表現の自由」をめぐっては、地方新聞の投書欄の高校生までもが
 「行政の恣意的な運用が懸念される」みたいなこと言うほど、問題が広く認識されている。
 だけど、わたしはイマイチひっかかる。
 「エロや萌えにはみんなずいぶんムキになるとゆーか、寛容なんだな」と。
 「表現の自由」なら、2000年前後に「メディア規制3法」の時に問題になった、「人権保護法案」のなかの「メディア規制」こそ、今後注意が必要なのでは、と思う。
 メディア批判が日常化している今日この頃、「マスコミ被害」を強調すればすんなり通ってしまいそう。
 「エロ」や「萌え」への寛容と情熱を持って、こっちの「恣意的な運用」の方も問題視していただきたいと思うのだ。

 Posted by at 9:00 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください