5月 112007
 

10705-2akasiba2

行政当局に「赤シバ1号」「赤シバ2号」と名付けられた「キャッツ」。
情報筋によると、「赤シバ2号」は久谷のおばちゃんたちのお接待を受け、あえて余裕をかますなど、「大物」ぶりをアピール。
「シバ漬け」を配る際も、笑顔で接してお愛想を振りまいていたという。
一方、「赤シバ1号」は、緊張した面持ちでゴソゴソと鞄の中から取り出すなど、ぎこちない所作が目立ち、「態度が大きいわりに気が小さい」という、メンタル面での弱さが分析されたという。(つづく)

 Posted by at 10:16 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください