2月 062007
 

 旧日本軍の「従軍慰安婦」問題を特集したドキュメンタリー番組が改変されて期待権が侵害されたなどとして取材に協力した女性団体などがNHKや制作会社に対し損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が東京高裁であった。
 裁判長は、番組の改変にNHKが深く関わったことを認定し、NHKや制作会社に支払いを命じた。
 一方、政治家(アベ・中川)の圧力があったことについては、認めるに足りる証拠がないとして、原告の主張は退けられた。
 この判決に勢いづいたのがアベ心臓。
「この判決ではっきりしたんじゃないですか。政治家が介入していないことが明確になったと思います」と鬼の首を取ったかのよう。
 さらに中川は
「あたかも私が番組に圧力をかけたかのように朝日新聞などから非難された。(略)朝日新聞は依然として我々の面会要求に応えておらず、うやむやにされて心外。こちらこそ被害者」と強調した。
あんたら、コドモかい・・・。
あくまで「証拠不十分」ですから。
疑わしきは罰しない。日本の裁判制度に今一番感謝しているのは、実はアベと中川かもしんない。

 Posted by at 9:01 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください