7月 062019
 

 たまにはまともな料理をつくろうかなぁ、と思って、南蛮漬けを思い出した。大好物なのだけど、一度教えてもらって、鬼亡き後にもう一度つくっただけだった。
 スーパーに「調理済み(内臓を取ってある)」地元のアジが3匹250円だったから買ってきた。
 レシピは前回同様(下記)なのだけど、今回はアジが大きいから、油は3分の1が浸る程度の量を使い、片面5分、反対面5分、もう一度裏返して3分、揚げ焼きにした。
 油が余ってしまったから、エリンギを軽く揚げて加えた。
 昼間につくって冷蔵庫に保管しておいて夜食べた。じゃっかん骨が口に残るけど、かみしめれば背骨まで食べられた。まあ、それなりにおいしい。
 でもなあ、「鬼の南蛮漬け」のおいしさには到底及ばないんだよなぁ。

・アジ中 3尾
・酒 40㏄
・みりん 40㏄
・しょうゆ(薄口と濃口を半々) 40㏄
・酢 80㏄
・タマネギ 1/2(薄切り)
・ニンジン 3センチほどを千切り
・タカノツメ 1本

酒とみりんをまぜて、電子レンジで1分チンしてアルコールを飛ばす。
冷めたらしょうゆと酢とタマネギ、ニンジン、種を除いたタカノツメを加える。
アジの頭を落としてサッと洗って、ペーパータオルで水気を切り、腹の血合いなどもふきとる。水はね防止のため、お腹のなかもふくめて小麦粉をはたく。つけすぎないようにパタパタとはたいて落とす。
フライパンに油を敷き、揚げ焼きにする。油をたっぷり使えばカリッと揚がるが、もったいないし、廃油の処分がめんどうだ。
しっかり揚がったら熱いうちに付け汁に入れる。冷めたら冷蔵庫へ。

 もう1品、20時前に帰宅してから小松菜の白和えをつくった。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください