3月 242019
 

 鬼コーチが遺した香辛料を有効に使うため、ホウレンソウのカレーをつくってみることに。能登に住むネパール出身の先生から鬼が習ったメニューだが、レシピは残っていない。先生がアップしたと思われるレシピ([https://cookpad.com/recipe/2462588])をもとにつくってみた。パニール(カッテージチーズ)のかわりに木綿豆腐を使っている。コーンスターチはないから入れなかった。辛みが足りないから一味も加えた。
 レシピだけでは、いろいろわからん部分が出てくる。
 ミキサーにかける際に水をしぼるのか否か。
→しぼったら攪拌できないからたぶん水分もいっしょにかけるのだろう。
 バター15グラムってどのくらい?
→大さじ1弱かなあ。
 塩が「適量」ってどのくらい?
→「4人前」と書いてあるけど、実際は2人前程度だから2つまみか3つまみかな。

 以前に鬼がつくったものに比べると、なにか味が足りなくて薄い気がする。バターをケチるべきじゃなかったか。でもまあ、それなりにおいしくできたかな。

材料 (4人分)
・ほうれん草 1束
・木綿豆腐 1丁
・ニンニク 1カケ
・ショウガ 1カケ
・玉ねぎ 1個
・鷹の爪 1~2本
・クミンシード 小さじ1
・バター 15グラム
・塩 適量(3つまみ?)
(コーンスターチ 大1 使わなかった) 

1 ニンニクとショウガ、タマネギはみじん切り。
2 ホウレンソウは湯でさっとゆでてミキサーにかけてペースト状に。
3 豆腐はひと口大より小さめに切り、ザルに入れて水切り。
4 鍋にバターを入れ、クミンシードと鷹の爪、ニンニクとショウガ、タマネギを、キツネ色になるまで炒める。
5 豆腐を入れて混ぜながら煮込む。
6 グツグツしたらホウレンソウペーストを熱いうちに加えて混ぜて完成。

  2 Responses to “豆腐とホウレンソウのカレー 20190324”

  1. ・ほうれん草のナゾ
    ほうれん草は基本的に絞って、ざくざくとカットしてミキサーへ。
    様子を見ながらギリギリまわる程度の水分でかけます。
    ・油分について
    バター15gとありますが適当でも大丈夫。
    バターだけだと焦げやすいので、オリーブ油でクミンシードをパチパチさせてから
    風味づけのようにバター(よくトースト用にパッケージしてある量)を入れてもOK。
    一般的なカレーのルーに比べると「入れ過ぎ?」と思う量の油でも大丈夫です。
    ・塩加減について
    お塩は、玉ねぎを炒める時に水分を出して火を通しやすくするので
    玉ねぎと同時に入れてもOK。最終的に味が決まればよいので、塩は後から足しても大丈夫。

    画像を見ると、水分が多そうに見えるのですが~
    ・玉ねぎはねっとり茶色く(しかし焦げではない)なるまで炒める
    ・木綿豆腐は水切りして、粉をはたいて揚げ焼きしとくとよい
    (パニールの時は、クミンシード入れる前の油で炒め揚げする)
    ・ほうれん草の水分はぎりぎりまでガマンする

    分かってることまで書いてたらごめんなさい~
    当時のレシピを引っ張り出してきたのですが・・・確かにコーンスターチ(^^;;;
    お豆腐を揚げる時にはたいたのかな?

    • クミンシードってパチパチしないといけないんですね。
      ただ炒めてました。
      水の量もさっぱりわからんし…
      何度かつくってくれて、味はなんとなく覚えていたのだけど、
      やっぱりレシピだけではつくれませんねぇ。
      もう一度挑戦してみます。
      ありがとうございます。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください