3月 262019
 

 昨夜、大学時代の友人と久しぶりに飲んで、ちょっとだけ気分が晴れた。でも、マンションの桜のつぼみが膨らみ、大川沿いに咲いた花を見つけて、またどんより。
 昨春、能登のイワノリの太巻を食べながら花見をしたとき「神様のくれた1日」と彼女はつづった。桜が咲き、花壇に色とりどりの花があるのを見て「おんぼろマンションだけど、これがお値打ちだよねえ」と言った。
 でも一番大事な花が消えてしまうと、中途半端に咲く花は苦痛でしかない。
 気分が沈んだ時は歩くか料理するしか思いつかない。冷蔵庫に賞味期限切れのベーコンがある。スーパーでタラが半額だったから「タラとキャベツとベーコン蒸し煮」をつくった。4回目だ。
 さらに明日のために鶏胸肉をレンジで「蒸し鶏」([http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=12120])にした。
 料理なんて、逃げでしかないんだけどね。

  2 Responses to “タラとキャベツとベーコン蒸し煮(4回目)2019/03/26”

  1. 独り暮らしにとって、料理することは、自分のために時間を使う大事なこと。と思うのは悲しい新聞記者だから、かな。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください