3月 152019
 

 能登の海藻クロメと、小さなニンジンと、干からびかけたダイコンがある。
 スーパーに行くと、鮭のアラがある。これは粕汁しかないな。海藻は粕汁に合うもんな。
 クロメは、10−20分水に漬けてアクを抜いておいた。
 粕汁は鬼コーチに教えてもらっていないから、とりあえずネットで調べた。だしの素を使うと書いてあるのは無視して、昆布をいっしょに煮つめることに。

▽材 料(大盛4杯分)
塩鮭  3〜4切れ
酒粕 300g
豆腐 1/2丁
コンニャク 半丁
大根、ニンジン 適量
クロメ
油あげ(小)1枚
味噌 大さじ2〜3
昆布 7センチ角

 鍋に水800㏄ほど入れて、昆布を沈めておく。
 レシピには鮭を水に浸けて塩抜きをする、と書いてあるが、もったいない。そのまま鍋にぶち込む。
 大根とにんじんは薄い銀杏切り。豆腐はさいの目に切る。
 細切りコンニャク1パックも投入。あく抜きをしろと書いてあるが、めんどうだからやめた。
 油揚げも「油抜きを」と書いてあるけど、めんどうだから1cm巾に切るだけ。
 上記の材料と、細かくちぎった酒粕を鍋に入れて、沸騰してから5分ほど煮こむ。いったん火を止めて、みそ大さじ2杯ほど入れて溶かしたらできあがり。
 鮭が多いから、味噌は少なめにしたけど、ちょっとしょっぱい。塩抜きをするべきだったか。ま、酒のつまみには塩辛いぐらいがちょうどよい。鬼コーチがいたら「血管ぶち切れたいんか!」って怒るだろうなあ。

 Posted by at 10:30 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください