5月 062018
 

数日前、鬼コーチからレシピを手渡されていた。材料が少なくても簡単そうなのだが、レシピでは圧力鍋のほかにフライパンを使うため、洗い物が多い。それで躊躇していた。
その心を見透かしたように「フライパンで焼いた方がおいしいけど、圧力鍋をそのまま使ってしまえ」と鬼コーチ。それなら夜遅く帰宅しても簡単だ。

材料
・手羽先6本ぐらい
・新玉ねぎ3個
・塩、薄口しょうゆ、黒コショウ。

手羽先の皮を下にして圧力鍋の底にならべ、弱火にかける。手羽先の皮から脂を絞り出し、その脂で焼き目をつけるためだ。
新玉ねぎは1/4にカットする。手羽先に焼き目がついたら玉ねぎと水4カップを加え、水4カップを注ぐ。ふたをして3分間圧力をかける。
最後に塩ふたつまみと薄口しょうゆ(大さじ1)で味をつけてできあがり。

完成した写真を鬼コーチに見せると「もう少し焦げ目がほしい」「コショウを忘れとる!」。食べる直前に黒コショウをかけた。

味は……、焦げ目をつけた手羽先からうま味がにじみ出ている。新玉ねぎの甘みもたまらない。超簡単料理なのに、味は抜群だ。コンソメなんか使ってないのに、しょうゆと塩だけでうま味をかもしていることに驚かされた。化学調味料なんて、いらないな。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください