9月 152017
 

GR017357

久しぶりに訪ねた愛媛は芋炊きの季節。河川敷や海岸で鍋を囲んだのを思い出して、里芋を旧北条市の道の駅で買った。材料(4人分)は……

・サトイモ(8個ぐらい)
・ゴボウ 1本
・ダイコン 半分
・ニンジン 1本
・白ネギ 1本
・マイタケ
・鶏胸肉 200グラム
・イリコ 6匹
・あぶらげ
・しょうゆ(大さじ3)
・酒(大さじ3)
・みりん(大さじ3)
・イシル(塩でも可 小さじ1)

里芋は、よく洗って泥を落とし、両端を落としてから厚めに皮をむき、ひと口大に切る。「サトイモはすぐ傷むから、切って冷凍しておけばみそ汁にも使えるぞ」と鬼コーチ。
ニンジンはピーラーで皮をむいて、ひとくち大の小さめの乱切り。
ダイコンは縦に4分の1にして、厚さ1センチぐらいのイチョウ型に切る。
白ネギは厚さ1センチの小口切り(輪切り)
細いゴボウは包丁で皮をこそげ落としたあと、斜めに薄切り。

野菜を全部、圧力鍋にぶちこみ、上に鶏肉と、油揚げ、愛媛で買ったイリコの頭と腹をとってのせる。
酒(大さじ3)、みりん(大さじ2)、しょうゆ(薄口と濃口を大さじ1杯ずつ)を入れる。

GR017358

水は400〜600㏄ぐらい。
はじめは強火に、圧力が高まったら弱火に切り替える。
「玄米のように長時間の時は圧力は低め。今回は野菜はすぐ火が通るから2分だけだし、圧力は高めにせい」
圧力かけると温度が高くなるから、厚めの鶏肉でも2分で火が通ってしまうんだそうだ。足りなかったら、ふつうにぐつぐつ煮たらいいという。

2分で火を止めて、圧力が抜けるのを待ち、さっと混ぜて味見をする。
「ちょっと薄めかな」と言うと、「しょうゆとみりんを大さじ1ずつ加えたらええ」
それでほぼいい感じなんだけど、何かちょっと足りないなあ……と言うと、
「だったら、塩ひとつまみか、イシルをちょっと加えてみろ」
イシルを加えると、うまみが増して見違えるようになった。

イリコだしは全体の甘みを増してくれて、まさに愛媛の味になった。

GR017350

Nちゃんにもらったおいしい日本酒で秋の愛媛を堪能した。

 Posted by at 9:42 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください