8月 312017
 

GR016559

・ゴーヤ 1本
・豚肉 130グラム
・豆腐 半丁
・卵 2個
・塩・コショウ・しょうゆ
・カツオ節

午後3時過ぎ、買い物の時は鬼コーチの機嫌は良かった。
「肉は80グラムかな。いや、もっと食べたいやろ? 140グラムにしたるわ」
そして夕方6時すぎ。「私がやるなら15分前でもええけど、おまえがやるんじゃ時間かかるし、腹が減るからそろそろはじめるか」と、占領していたソファーから起き上がった。
まずはゴーヤ。縦に半分に切る。鬼コーチは種子の歯ざわりは好みではないらしく、「わたはええけど、種子は取り除け」とのこと。種子だけ除くのはめんどうだからわたも取り除く。それから5ミリほどの厚さに切った。
フライパンに大さじ2杯のオリーブオイルを入れる。油をあたためる必要はないそうだ。
 かたまっていたバラ肉を手でほぐして入れようとしたら、鬼コーチに火がついた。
「手を使うな! その手で冷蔵庫のなかをいじったりしたらアカンやろ!」
はいはい、どうでもええやん、と思って聞き流していると、
「料理なんてだれでもできる。大事なのはその前後や……」と説教がはじまった。こうなるともう止まらない。左耳から右耳へ、スルー。

箸でほぐしながら豚肉を炒めて、火が通ったらゴーヤを投入。ちょっとしてから8等分ぐらいにした豆腐を入れる。
塩(小さじ1杯弱)とコショウを入れて大きくまぜ、味見をしてからしょうゆ(大さじ1/2)をちょっとだけ入れて混ぜる。
豆腐があたたくなったら、溶き卵を入れる。大きくまぜて火が通ったらカツ節をかけてできあがり。
薄味でちょうどよい。コーレグースなどをかけて食べるとさらにおいしいだろう。

GR016561

ニラの芽は茹でたあと、しょうゆとごま油と砂糖(少々)をかけた。

GR016563

沖縄モズクとキュウリの酢の物も添えて。

 Posted by at 10:59 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください