12月 312008
 


姉と電話で母方の祖母の話になった。
「おばあちゃん『滝野川小町』って呼ばれてたんだよね」と姉。
ええー!?聞いてないよ。だっておばあちゃんっておデブだったじゃん!
「あ、そっか。『小町』はおばあちゃんの【お姉さん】の方で、おばあちゃんのあだなは『大山デブ子』だった」と訂正した。
そして「デブ遺伝子、見事にアンタに出ちゃったね」と笑って付け加えた。
「ええー!私おばあちゃんほど太ってないよォ」
「でも油断するとああなるんじゃない?だって親戚で太っている人、他に誰もいないじゃん」
今まで「わたしデブだし」と自虐をカマしていても
「そんなことないよぉ~」と笑ってもらえていたのだが、
姉もとうとう否定しなくなった。
先日もアッコさんに
「人間に厚みが出たってコトよ」と明るく言われた。
「大台に乗っていないから」、と思っていたのだが、実は設定が甘かっただけで、
もはやルビコン川を渡ってしまったのだろうか。

 Posted by at 2:35 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください