10月 242008
 

アンティークギャラリー「Pダモ」のMちゃんを訪ねる。
Mちゃんはいつもニコニコ、おっとりしているので、
せっかちであわてん坊の私は、なんとかMちゃんに少しでも近づけないか、
密かな野望を持っている。(笑うなっ!)
「坊」ちゃんという愛犬を抱いて穏やかそうにほほえむMちゃん。
「坊が来てから本当に癒されてるわい」
ってか、いつも満たされてそうよ。
「ううん、前はイライラしとったんよ」
ウソだぁ~。わたしのイライラとじゃ比べものになんないよ。
いや。
もしかしたらMちゃんはむちゃくちゃ裏表があるかもしれないぞ。
んなわけないよな~。と妄想していたら、坊がフーフーうなっている。
Mちゃんが放すと私の周りをうろうろ。

ちょっとからかうと今度はウーウー吠えだした。
Mちゃんは「遊んでほしいんやわい」っていうけど、
どーみても怒ってるよ。
どーしていいのかわかんなくて困っていたら、
突然、腹を見せて全面降伏してきた。
おぅ。やったぜ。サル対イヌ、サルの勝ち!
……ってか、坊、同レベルの友達やと思ってへん?
坊は友情のしるしに(?)、「アサヒ」の肉うどんのダシ味が残る私に向かって
キスをした。(→これが目当てだったのか!?)

 Posted by at 10:22 午前

  One Response to “サルvs.イヌ”

  1. あは。。あははは。。
    や・め・て!
    お腹が~。(-^□^-)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください