12月 262013
 

201312-3anpanti

本屋に入れば「永遠のゼロ」の曲ばかり流れている。
ポールが日の丸を振る時代。
桑田サンが君が代を歌う日も近いかも。
そんなことを考えて本棚を巡っていると、やなせたかし氏の
「僕は戦争が大嫌い」という本が目に入った。
パラパラとページをめくると
「南京虐殺」に関する記述。
「当時の南京は平和そのもの。ボクの感覚としては虐殺はなかったと思う」という内容。
思わぬところからアンパンチをくらいました。

 Posted by at 10:08 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください