8月 032013
 

201308-aruhidebu

アソウさんが「ナチス発言」で久々に注目を浴びている。
「ある日気づいたら、ナチス憲法に変わった。あの手口に学んだらどうかね」、だって。
たぶんアソウさんだけでなく、周りの人も、口に出さないだけで同じようなこと考えてたんじゃないかな。ホンネはナチスのように、議会の承認無しに政府が立法権を行使できる全権委任法を、サヨクどもが大騒ぎする前に、「静かな雰囲気で」サクサクッと成立させたいんやろな。なるほど、改憲は「手段」であって目標ではない、とはこのことか!
半藤一利さんによると、「ワイマール憲法はある日気づいたら変わっていたというものでない。小党乱立の政争に国民が飽き飽きしていたときにナチスが登場。いちどやらせてみようと、権力を持たせたら、暴走して手がつけられなくなった」と話している。(8/2朝日新聞)
なんでもありの今日この頃。不愉快なことから目を背け耳をふさいでいた。
ある日突然、なんてことはない。小さな変化に慣れてはいけないんだと、改めてキモに命じたい。

 Posted by at 9:21 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください