9月 082007
 

10709-1panta

真実の愛を探し求める独身女サッチーと猫談義。
この夏の暑さときたら、ウチの近所の野良チャンたちも
塀で伸びきるほどの暑さだった。
サッチーは夏休み実家に帰り、
愛猫「チャイ太郎」(改名)と過ごしたそうだ。
サッチーが昼寝をしていると、チャイ太郎もその股ぐらで
昼寝してたという。
その様子をご両親は「パンタグラフみたい」と表現したという。
この話を一緒に聞いていたゴローとヘンリーは
「オレ、電車乗るたび思い出すゥ。トラウマになった」
と引いていた。
その晩、ゴローは寝言で何度か「パンタグラフ」とつぶやき、
フフフと思い出し笑いしていた。

 Posted by at 1:31 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください