3月 162007
 

 産経新聞主催で「他人の子どもを叱ろう・褒めよう」キャンペーンというのがある。
ヤンキー先生が審査員を務めるエッセーのコンテストらしい。
 わたしなんか子供を育てた経験がない者が、人様の子供をせいぜい褒めてはあげれても、叱るなんておこがましくて到底できやしない。
 褒めたり叱ったりより、受け入れてあげることが必要なんじゃないの。
つまりオトナ側の忍耐の問題。
 そーいや、このテの「余計なお世話」って、
「愛国心」に似てるかも。
 こっちは放っておいてほしいのに。

 Posted by at 11:05 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください