11月 282009
 

そば打ち2

 なにかと上から目線のオヤヂによるそば打ちコーチングの様子を他のオジサンがのぞきにやってきた。
「どうですか?うまくできますか?」
「ばっちし、っすよ。鬼コーチがついてますから」
とオヤヂを指さすと、オヤヂは真っ赤になって困った顔をしていた。
ソバを危なっかしい手つきで切っていると、オヤヂが
「そうそう、その調子」と今度は急に優しく声をかけてきた。
ここぞとばかり、
「鬼コーチってチクったら急に優しくなった~!!」とからかうと、
「コラ!アンタの名前を教えなさい。記憶しておきましょう」
とお説教。
「私はレイザル。オヂサンは?」と聞くと、
山の麓の大きな銀杏の木を指さした。
この集落のお寺の和尚さんでした。
ゴ~ン。

 Posted by at 9:00 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください