12月 022019
 

 うちに4人も泊まるなんて、Rがいなくなってはじめて。
 なんのもてなしもできない。深夜コンビニで生野菜を買ってきて、ドレッシングは鬼レシピでつくって、竹輪をまぜて出した。いわゆる「男の料理」。
 今朝、みなが帰ったあと原稿を書き、15時から拘置所を経て天満方面までジョギングした。
 年下の友人Aさんの常備菜「手羽元とセロリーのスープ」を教えてもらい、さっそくつくってみた。
「手羽元そのままとセロリ1センチくらいに切り、ローリエを入れて煮込む。後で塩を入れる。人参とか玉ねぎとかジャガイモとかキャベツとか入れてもいいし。生姜刻んでいれてもあったまる……具だけを食べたり、玉子とチーズと焼いても美味しいし、刻んだ具を足していっても2日め3日めが美味しい」との説明だった。
 98円のセロリを刻んで圧力鍋に入れ、100グラム39円の手羽元8本を載せ、物足りないからカブものせた。味つけは塩ひとつまみ。カブが汁をすっておいしかった。

 カブの葉はふりかけに。ジャコ1パックとゴマ、しょうゆ(大さじ1)、ミリンがないから砂糖(大さじ1)、酒(大さじ1)を炒めるだけ。
前回はこちらhttp://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=11753

 Posted by at 12:17 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください