7月 262022
 

▽材料(1~2人前)
・鶏手羽先 4本
・ナス 3本
・生姜 1かけ
☆酢 100ml
☆水 100ml
☆しょうゆ 大さじ3
☆砂糖 大さじ3
☆ごま油 小さじ2

▽作り方
①生姜は皮をむいて薄切り。ナスは乱切り。
②鍋にごま油をひいて、手羽先、生姜、なすを加えごま油がまわるまで炒める。
③☆を入れて中火で熱し、沸騰したら落し蓋をして、手羽先に火が通るまで15分煮る。
(最後にスナップエンドウなどを加えると彩りがきれいになる)

7月 252022
 

 鬼レシピでは、乾し椎茸をつかって、もどし汁を煮こむのにつかうが、乾し椎茸のかわりに安売りの生の椎茸をつかった。これでも十分おいしい……と思う。

▽材料(4食分)

・切り干し大根 40グラム
・椎茸 4枚
・にんじん 3センチ
・ジャコ 大さじ3
・サラダ油 大さじ2
・酒 大さじ2
・ミリン・砂糖 各大さじ1
・しょうゆ 大さじ2〜3

▽作り方
①切り干しは30分ほど水でもどし(太さによって加減)、しぼって食べやすい大きさに切る。
②にんじんは千切り。彩り程度の量でよい。椎茸は軸を取って細切り。
③フライパンに油をひき、切り干しとしいたけ、にんじんを中火で炒める。
④大根に油がからんだら、しいたけと切り干しのもどし汁とジャコ、酒、ミリンを入れる。汁が足りなければひたひたになるまで水を足す。
⑤中火で煮込んで汁が半分に減ったら、大根がやわらかいか確認。かたかったら水を足す。やわらかければ、砂糖、しょうゆを入れて、汁を煮ふくめる。

7月 222022
 

 胸肉に片栗粉をまぶすとしっとりする。腿肉をつかえばこくがでるが、あっさりした胸肉は夏バテでも食がすすむ。
 
▽材料(2食分)
•鶏むね肉 1枚
•キャベツ 1/6(200g)
•玉ねぎ 1/2
•トマト 中2個(トマト缶 1/2缶)
•サラダ油 大さじ1/2
•塩こうじ 大さじ1 こしょう 少々
•片栗粉大さじ1

☆水100cc
☆砂糖 小さじ1/2
☆塩 2つまみ
☆こしょう 少々

①むね肉は一口大に切り、塩こしょう、片栗粉をまぶす。
②キャベツは食べやすい大きさに。玉ねぎは薄めのくし切り。トマトはざく切り。
③鍋に油を入れ、肉の色が変わるまで焼く。玉ねぎを加えてさっと混ぜる。
④トマトと☆を加えて煮立ったらふたをし、弱火で5分煮る。キャベツを加えてさっと混ぜ、ふたをしてキャベツがしんなりするまで4〜5分煮る。

7月 142022
 

 なすが鶏のだしを吸って、とろとろになっておいしい。

▽材料(4食分)
・手羽元 400g(8本)
・ごま油 大さじ1
・ナス 3本
・ごま 適量
A 水300g
A 酒・オイスターソース 大さじ2
A 砂糖・みりん・醤油 大さじ3

▽作り方
①なすは縦半分に切り、2等分にし、皮側に格子状に切り目を入れる。
②鍋にごま油を熱して手羽元の表面を焼き、Aを入れて落し蓋をして弱火で20分煮る。
③なすの水気をよく切り、手羽元を寄せて加え、落し蓋をして弱めの中火で15分煮る。皿にもりつけてゴマをふる。

7月 142022
 

 きゅうりを麺棒でたたいて裂くなんてはじめて。表面積が増えて味を絡めやすくなるようだ。

▽材料(4人分)
・オクラ 1パック
・きゅうり 2本
A たたき梅 20g
A しょうゆ 小さじ2
A みりん 小さじ2
・塩 少々
・削り節 1パック

▽作り方
*オクラは生のままでも。
①オクラはヘタのかたい部分を削り、塩をふってまな板の上で転がしうぶ毛をとる。 沸騰した湯に入れ、1分ほどゆでて流水でさまし水気をきる。 きゅうりの大きさに合わせて切る。
②きゅうりは、塩をふってまな板の上で転がして板ずり。 さっと洗い、めん棒でたたいて割く。
③ボウルでAを混ぜ、きゅうり、オクラを入れて和える。10分ほど冷蔵庫で冷やし、食べる直前削り節をかける。

7月 142022
 

 おくらが安かったので。いつもと異なり、みそ味の白和えに。

▽材料(2人分)
•おくら 6〜10本
•人参 1/2本
•豆腐 1/2丁
☆すりごま 大さじ1と1/2
☆砂糖 小さじ1と1/2
☆味噌 小さじ1と1/2

▽作り方
①豆腐は重しをかけて水気をきる。
②人参は千切り。オクラはへたを取りのぞく。
③沸騰した湯で人参を1分ゆで、オクラを入れて1分ほどでざるにあげ、キッチンペーパーなどで水を切る。オクラは輪切り。
④豆腐をボウルに入れてつぶす。☆と、おくら輪切り、人参を入れてよく混ぜる。

7月 142022
 

 なすがたっぷりあるから久しぶりに。トマトの酸味でさっぱり。
▽材料(2人分)
・ナス 2本
・トマト1個
・豆腐 1/2
・ひき肉 100グラム
・ショウガ 1かけ
・タカノツメ 1本
・ごま油 大さじ2
・サンショウ
☆片栗粉 大さじ1/2
☆しょうゆ 大さじ1
☆酒 大さじ1
☆砂糖 大さじ2/3
☆オイスターソースのかわりにイシル 大さじ1
☆水 1/3カップ

▽作り方
①☆を混ぜておく。
②ショウガをみじん切り、ナスは乱切り、トマトは1/8にくし切り。
 タカノツメは輪切り。(辛いのが苦手なら種を取りのぞく)。
③フライパンにごま油をひいて、弱火でショウガを香りがたつまで炒め、ひき肉を投入し、半分ほど色が変わるまで炒める。
④ナスとタカノツメ、山椒を加えて中火で炒め、ある程度火が通ったらトマトと、水を切ったもめん豆腐をちぎって入れる。
⑤全体に火が通ったら、①を加えて、とろみがつくまで煮る。

7月 132022
 

 今回は片栗粉でとろみをつけた。それなりにおいしい。
 でも、ジャガイモのデンプンと肉の組み合わせだから、たくさん食べると胸焼けする。
 もう一品、野菜がほしくなる。

▽材料(2人分)
・じゃがいも 3〜4個
・ひき肉(ミンチ) 100g
・しょうが 1かけ
A しょう油・みりん・酒・水 各大さじ2〜3(ひたひたになる程度)
A 砂糖 大さじ2
・片栗粉 大さじ1(同量の水でとく)

▽作り方
①ジャガイモは、食べやすい大きさに、しょうがはみじん切り。
②鍋でひき肉としょうがを炒める。ひき肉に火がとおったら、じゃがいもを入れ、軽く炒める。
③Aを入れ、落としぶたをして10分煮こむ
④水で溶いた片栗粉を入れて、とろみがついたら完成。

7月 032022
 

 スーパーでけっこう大きないわしが8尾で200円! 買うしかない。
 梅煮にするつもりだったが、新玉ねぎやパセリと組み合わせられないかなあ、と検索した。「プロバンス風」って、ニンニクやトマト、オリーブ油をつかう料理らしい。イタリア料理に近いわけだな。
 バターの風味がきいて想像以上においしい。

▽材料 (材料3人分)
・イワシ 8尾
・玉ねぎ 中1個
・ニンニク 1かけ
・トマトぶつ切り 中4個(水煮缶1缶でも)
・パセリ 適量
・オリーブ油 大さじ1
・塩 少々
☆バター 40g
☆パン粉 大さじ2
☆塩 小さじ半分
☆水 カップ4分の1

▽作り方
①イワシの頭と内臓を取る。
②玉葱とニンニクはみじん切り。
③圧力釜に油を熱して②を炒めトマトと☆を加えてイワシを並べて蓋をして強火で加熱。
④圧がかかったら中火で15〜20分。火を止めて圧が抜けたら塩で味を整える。
⑤器に煮汁を敷いてイワシを盛り、パセリのみじん切りを散らす。